アガサ 名前 意味 8

アガサ 名前 意味 8

阿笠博士(あがさ ひろし) - 名探偵コナンに登場するキャラクター。 アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年 9月15日 - 1976年 1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。 発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。。英国推理作家のクラブで … アガサ・クリスティ(Agatha Christie) - イギリスの推理作家。; Agatha - 日本のファッションモデル。; 架空の人名. 4. アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説が6作品ある。日本語表記は「クリスティ」「クリスティー」がある[注釈 1]。, 1890年、フレデリック・アルヴァ・ミラー (1846 - 1901) とクララ・ベーマー (1854 - 1926) の次女としてイギリス南西部のデヴォンシャーに生まれる。3人姉弟の末っ子で、10歳近く年の離れた姉と兄がいた。しかし年頃の姉マーガレット (1879 - 1950) は寄宿学校におり、長兄モンタント (1880 - 1929) はパブリックスクールを退校して軍に入隊していたために幼少期を共にする機会が少なく、もっぱら両親や使用人たちと過ごした。, 父フレデリックはアメリカ人の事業家だったが商才に乏しく、祖父の残した遺産を投資家に預けて、自身は働かずに暮らしていた。母クララは父の従妹で、少々変わった価値観を持つ「変わり者」として知られていた。母の特異な性格はアガサや家族の運命に少なからぬ影響を与えたが、フレデリックは奔放な妻を生涯愛し続け、アガサも母を尊敬し続けた。, 少女時代のアガサは兄や姉のように正規の学校で学ぶことを禁じられ、母親によって直接教育を受けた。母クララの教育に対する不思議な信念は大きな影響を幼いアガサに与えた。例えばクララは「7歳になるまでは字が書けない方が良い」となぜか信じており、アガサに字を教えなかった。それによりアガサは一般の子供より識字が遅く、父がこっそり手紙を書く手伝いをさせるまで満足に文字を書けなかった。変則的な教育は、字を覚えた後も独特の癖をアガサに残してしまい、現存している子供時代の手紙はスペルミスが非常に多い。, 同年代の子供がパブリックスクールで教育を受ける間、アガサは学校に入ることを許されなかった。同年代の友人のいないアガサは使用人やメイドと遊んだり、家の庭園で空想上の友人との一人遊びをしたりして過ごし、内気な少女に育っていった。一方で、父の書斎で様々な書籍を読みふけって過ごし、様々な事象に対する幅広い知識を得て、教養を深めることが出来た。, また、事情から一家が短期間フランスに移住した時、礼儀作法を教える私学校に入って演劇や音楽を学んだ。結局、母は最後まで正規の教育を学ぶことは許さなかったが、アガサ自身は自らが受けた教育について誇りを持っていたという。, 父の破産と病死、自身の結婚と離婚など様々な出来事を乗り越えながらも、アガサは小説家として活動していった。, 1909年、自身初の長編小説『砂漠の雪』を書き、作家イーデン・フィルポッツの指導を受ける。私生活では1914年にアーチボルド・クリスティ大尉 (1889 - 1962) と結婚し、1919年に娘ロザリンド・ヒックス (1919 - 2004) を出産する。第一次世界大戦中には薬剤師の助手として勤務し、そこで毒薬の知識を得る。, 1920年、数々の出版社で不採用にされたのち、ようやく『スタイルズ荘の怪事件』を出版し、ミステリ作家としてデビューする。1926年に発表した『アクロイド殺し』における大胆なトリックと意外な真犯人を巡って、フェアかアンフェアかの大論争がミステリ・ファンの間で起き、一躍有名となる。また、この年には母が死去しており、アガサは謎の失踪事件を起こす。, 1928年にアーチボルドと離婚するが、1930年の中東旅行で出会った、14歳年下の考古学者のマックス・マローワン(1904年5月6日 - 1978年8月19日)とその年の9月11日に再婚する。この結婚について「クリスティはなぜ彼と結婚したかと問われて『だって考古学者なら、古いものほど価値を見出してくれるから』と答えた」という逸話がある。一説によると誰かが流した心ないジョークで、アガサは作者を殺してやるといきまいていたとも言われるが(ハヤカワ・ミステリの解説より)、孫のマシュー・プリチャードはアガサ自身が冗談めかしてこのように語ったとしている(『オリエント急行殺人事件』DVD特典インタビューより)。, 1943年に『カーテン』および『スリーピング・マーダー』を執筆。死後出版の契約を結ぶ。私生活では孫マシュー・プリチャードが誕生している。, 1973年に『運命の裏木戸(英語版)』を発表。これが最後に執筆されたミステリ作品となった。, 1976年1月12日、高齢のため風邪をこじらせ静養先のイギリス、ウォリングフォードの自宅で死去(満85歳没)。死後『スリーピング・マーダー』が発表される。遺骸は、イギリスのチョルシーにあるセント・メアリ教会の墓地に埋葬された。, アガサ・クリスティ失踪事件とは、ロンドン近郊の田園都市サニングデールに住んでいたアガサ・クリスティ(当時36歳)が1926年12月3日、自宅を出たまま行方不明となった事件を指す。警察は行方を探す一方、事件に巻き込まれた可能性も視野に入れて捜査をした。後述するようにアガサと夫のアーチボルドは問題を抱えていたことからアーチボルドの犯行という推論も出た。, 有名人の失踪、複雑な背景は結果として新聞の興味を掻き立て、報道により事件を知った大衆から多数の目撃情報が寄せられた。その検証のために大勢の人間が動いた。捜査機関を含む関係筋から動員されたのは、延べ人数で数千人に及んだとされる。マスコミの盛り上がりによりドロシー・L・セイヤーズやアーサー・コナン・ドイルもコメントを出した。, 11日後、保養地のホテルに別人名義(夫の愛人のテレサ・ニール)で宿泊していた彼女が家族の確認の上で保護されることで決着した。そのため、Agatha Eleven Missing と呼ばれる。, 当時のアガサは、ロンドンの金融街で働いていた夫のアーチボルド、一人娘のロザリンド(当時7歳)と田舎の大邸宅で暮らしていた。休日にはアーチボルドはゴルフに熱中していたが、アガサはゴルフをしなかった。家事はメイドを雇い、仕事に関しては秘書のシャーロットを住まわせていた(シャーロットはアガサの信頼を得て、長く彼女の側で勤めることになる)。, キャリアにおいては、『アクロイド殺し』(1926年)によりベストセラー作家の仲間入りを果たす一方で、事件の前には最愛の母親を亡くし、また夫には別に恋人がいた事実に傷つけられていた。事件の起きた日、アガサは住み込みのメイドに行き先は告げずに外出すると伝え、当時は珍しかった自動車を自ら運転して一人で出かけている。その際に彼女は秘書のシャーロットと夫に手紙を残している。, なぜ失踪したのかについては諸説あり、伝記作家の間でもこの件については、心身が耗弱していた、意図的な行動であった等、意見が分かれているが、自伝では事件について触れていない。しかし、事件の結果としてマスコミや世間の好奇の対象とされたアガサが心に傷を負った点、そしてこれ以降の彼女の内面世界が徐々に変化を見せた点に関しては諸説一致している。, この失踪事件を題材に、独自の解釈でアガサ・クリスティをめぐる人間模様を描いた映画『アガサ 愛の失踪事件』が1979年に公開された。, 1920年のデビューから85歳で亡くなるまで長編小説66作、中短編を156作、戯曲15作、メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説6作、アガサ・クリスティ・マローワン名義の作品2作、その他3作を執筆。ほとんどが生前に発表されている。中でも『アクロイド殺し』(1926年)・『オリエント急行の殺人』(1934年)・『ABC殺人事件』(1936年)・『そして誰もいなくなった』(1939年)等は世紀をまたいで版を重ねており、世界的知名度も高い。また生前中に刊行されなかった作品や死後に見つかった未発表作、小説作品の戯曲化、あるいはその逆など細かい物を含めればまだ数点増える[注釈 2]。, 推理の謎解きをするエルキュール・ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスといった名探偵の産みの親でもある。, アガサの推理小説は旅から生まれた(とりわけ離婚後のオリエント急行でのイスタンブールやバグダードへの一人旅は大きな影響を与えたといわれている)。, アガサの推理小説の魅力は、殺人のトリックの奇抜さと併せ、旅から得た様々な知識が背景描写に使われていることとされる。オリエント急行でのイスタンブール行きは、38歳の離婚後、友人の家に招待されたときに聞いた話がきっかけとなった。1928年10月のことである。, 初期の作品は、『ビッグ4』や『秘密機関』など国際情勢をテーマにした作品があったり、ドイツや日本が関係する作品があったりするなど国際情勢に関する話が多い。冷戦時代はソ連のスパイも話題に上っている。, 知日家という話はないが、多くの長編小説でわずかに日本について触れられており、ストーリーにはほとんど関係のない物ばかりだが「着物」(『オリエント急行の殺人』)や「力士」(『ゴルフ場殺人事件』)などの単語や、第二次世界大戦前の緊張気味の日本の様子などがたびたび登場する。, そのファンからなるアガサ・クリスティ協会によると、彼女の作品は英語圏を越えて、全世界で10億部以上出版されている。聖書とシェイクスピアの次によく読まれているという説もあり、ユネスコの文化統計年鑑(1993年)では「最高頻度で翻訳された著者」のトップに位置している。ギネスブックは「史上最高のベストセラー作家」に認定している。日本でも早くから紹介され、早川書房はクリスティー文庫としてほぼ全ての作品を翻訳している。, アガサが作品を発表した20世紀初めのイギリスは、保守的な風潮が世間に残っており、トリックに対するフェア・アンフェア論争が起こったり、犯人の正体がモラルの面から批判の的になったりするなど是非が論じられていた。同時にラジオや映画といったメディアが発達していたことで、作品が広く知られることにもつながった。アガサは人見知りの傾向を持ち、失踪事件(1926年)でマスコミの餌食とされたこともあり、意識的に表舞台から離れるようになったが、これが神秘的なミステリの女王伝説につながっていった面がある。, G・K・チェスタトン1930-1936 / E・C・ベントリー1936-1949 / ドロシー・L・セイヤーズ1949-1957 / アガサ・クリスティ1957-1958 / ロナルド・バーンズ1958-1963 / ジュリアン・シモンズ1963-1985 / H・R・F・キーティング1985-2000 / サイモン・ブレット2000-, 『別冊宝石55号』「世界探偵小説全集第18巻 アガサ・クリスティ篇(第二集)」(1956年)に所収。, Agatha Christie: The Official Online Home, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アガサ・クリスティ&oldid=80450768, アガサ・メアリ・クラリッサ・ミラー (Agatha Mary Clarissa Miller). 「稜」は「角」や「威光」を意味する漢字で、もともとは「きへん」を使った「棱」という漢字から派生して生まれました。ツクリの「夌(リョウ)」には「丘を踏み越える」という意味があり、丘は「盛り上がった土地」、つまり「面と面とが交わって盛り上がった様子」も表すので、これに「木」を組み合わせて「棱」は「面と面が交差する木→角がある木=角材」の意味になりました。 そして、「棱」の意味が「稜」にも使われるようになり、そのまま「角」の意味をもつようになったのです。角の意 … 姓名判断における、8画の意味の詳細と解説になります。姓名判断では、画数の意味は非常に重要な要素になります。8画の意味が重要になるのは総運(総画)だけではなく、天運(天格)、人運(人格)、地運(地画)、外運(外格)、社会運、家庭運それぞれでも重要な意味を持つことになります。 「悠人(ユウト)」「隼人(ハヤト)」「健人(ケント)」など、男の子の止め字で「ト」の響きに当てられてよく使われる「人」の漢字。利用頻度の多さから、数ある漢字の中でもトップ10に入る人気の字です。この「人」の字を使って、願いの込もった素敵な名前を考えられるように名付けのポイントをご説明します。, 1. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 名探偵コナンの登場人物は主人公のコナンを始め、その多くが「実在した推理作家やそれに関連した」内容がモチーフとなっている。, 名前以外にも、彼らが住む米花町はシャーロック・ホームズが住んでいたとされるベイカーストリートから来ている。アガサ博士の名前もこの法則の通り「アガサ・クリスティ」をモチーフにしているのは有名な話だ。, しかしそのアガサ・クリスティが、コナンの元ネタであるコナン・ドイルを嫌っていたという話はご存知だろうか。この2人が生きていた時代は微妙に違うため実際に仲が悪かったという話はない。, だが、後に生まれたアガサ・クリスティがコナン・ドイルの作品である「ホームズ」を酷評した都市伝説があるのだ。つまり2人は対立関係にあったとも言える。, アガサ黒幕説ではこのことが名探偵コナンの世界にも当てはまると考えられている。また黒の組織のコードネームはジンやベルモットなど、ご存知の法則で付けられている。, つまり作者・青山剛昌はアガサ博士を黒幕にすることでミステリファンの夢である「コナンvsアガサ」という壮大な演出をするつもりかもしれない。, ちなみにさっきも伝えた通り、彼らは時代的なバックグラウンドで言えば全く共通点がない2人だ。, そして以外だが、コナンとアガサの年齢差を見て見ると…これがおおよそ一致しているのだ。, 2人とも歴史的な推理作家から名前が取られている点、歳の差もほぼ共通しているだけにアガサ黒幕(あの方)説の重要な伏線になり得るのかもしれない。, 実は物語の序盤から、コナンの作中でアガサ博士を疑う表現があった。コミックス8巻では蘭が「アガサ博士みたいに身近な人物が犯人だったら…」と述べている。, 実はこれ、全く別の事件の例え話なのだが、突然アガサ博士の名前を持ってくるあたり怪しくないだろうか?またコミックスの24巻では黒の組織のメンバー・ピスコが銃を撃つところを運悪く芸能記者のカメラマンに撮影されてしまった。, しかもこれが翌日の朝刊に載る予定になった。この話をボスから聞いたジンが、ピスコを処分しにやってくるのだが…, ジンがボスからこの話を聞いたのとほぼ同じタイミングでコナンとアガサ博士も写真に映るピスコの姿に気付いている。そしてその直後、アガサ博士は一人きりになる時間があったのだ。, アガサ博士が黒幕だとするなら写真の事実を電話で部下に報告するくらいの余裕は十分にあった。, さらに映画「天国へのカウントダウン」では、状況を知らないはずの黒の組織メンバーが「車で逃げたのは子どもとジジイ」と正確に答えていた。これもアガサ博士が密告していれば納得が付く。, 極めつけに黒の組織が求める人物像「科学者かつ発明家かつプログラマー」というめちゃくちゃハードルの高い条件を見事にクリアしている。, この状況を絶望先生では「証拠過多」と呼んでいた。そして、この証拠過多がアガサ黒幕説に否定的な意見としてもよく使われている。, つまり「怪しすぎるアガサ博士が黒幕なワケがない!」というのだ。もうなんだか良く分からない理論である…, 見たまま黒幕説を後押ししているだけとも感じるが…しかし現に青山氏も否定しているので、やはり本当の本当は関係ないのだろうか。, だがその裏をかいて「本当の本当の本当」は怪しすぎるアガサ博士が…これではもはや言葉遊びのテリトリーだ。この辺りにしておこう。, いずれにしろ「黒幕の名前はすでに名探偵コナンの中に登場している」や「意外な人物」という作者自身のコメントともぴったりなアガサ博士である。. Copyright (C) 2020 これはヤバい!ジブリやディズニーの怖い都市伝説 All Rights Reserved. “ミステリーの女王”アガサ・クリスティーことアガサ・メアリー・クラリッサ・ミラーは、1890年9月15日にデヴォン州のトーキーで生まれた。母親のクララは現在の北アイルランドにあるベルファスト生まれの英国人。クララは一人娘で、兄弟が4人いた。 コナンの作者・青山氏によって何度も否定されるが、その度に新しい理由で再浮上している彼。. 「りく」以外に名前に使いづらいところもあります。 7位 駿 優秀、という意味もある「駿」。 颯爽とした印象があり、優れた才能を期待し男の子に付けたい名前です。 8位 新 「新しい」という意味の「新」はまさにこれから始まる人生にぴったりの名前。 漢数字の「八」は「末広がり」といって、縁起のいい数字とされていますよね。でも、アラビア数字の「8」も無限大の記号によく似ていて、縁起がよさそうです。 ということで、数字の「8」について掘り下げてみました。 1:茅の輪くぐり 「茅(ち)の輪くぐり」をご存知ですか? 姓名判断における、8画の意味の詳細と解説になります。姓名判断では、画数の意味は非常に重要な要素になります。8画の意味が重要になるのは総運(総画)だけではなく、天運(天格)、人運(人格)、地運(地画)、外運(外格)、社会運、家庭運それぞれでも重要な意味を持つことになります。 人気のポイントは画数が少なく、すっきりした印象でどんな漢字とも組み合わせやすい点です。そのため、2010~2015年の6年間、多くの組み合わせで使われ、数ある字の中でもトップ10に入る名付けの人気漢字となっています。, また、「ヒト」の響きを使えば男の子なら明人(アキヒト)や康人(ヤスヒト)、名前の先頭で人志(ヒトシ)、人成(ヒトナリ)など、女の子であれば人美(ヒトミ)や人恵(ヒトエ)と使われることもありますよ。, 「人」は単に「ト」の響きに当てて使われることが多いですが、せっかくなら成長する姿も想像しながら願いや想いを込めてあげたいですね。, たとえば「人」はそれぞれ違う個性があるので、わが子にも「自分なりの個性を大事に生きてほしい」と想いを込めることができますね。 “ミステリーの女王” アガサ・クリスティーことアガサ・メアリー・クラリッサ・ミラーは、1890年9月15日にデヴォン州のトーキーで生まれた。, 母親のクララは現在の北アイルランドにあるベルファスト生まれの英国人。 クララは一人娘で、兄弟が4人いた。 クララの父親のボーマー大尉(アガサの祖父)は乗馬中の事故で1863年に死亡し、クララの母親のメアリー・アン(アガサの祖母)は女手ひとつで子供たちを育てなければならなくなった。 経済的困窮のため、クララは富裕なアメリカ人と結婚していた叔母が住むウエスト・サセックス州に送られた。, 叔母のマーガレットと暮らすようになったクララは、叔母の夫と前妻との間の息子である株式仲買人のフレデリック・ミラーと出会った。 フレデリックは現地のアメリカ人上流社会の一員で、スイスで教育を受けていた。 容姿端麗でフレンドリーなフレデリックとクララは恋に落ち、1878年4月に結婚した。 長女の“マッジ”ことマーガレット(1879-1950)はトーキーで生まれたが、長男の“モンティー”ことルイス(1880-1929)はフレデリックの商用のため滞在していたニューヨークで誕生した。 まもなくクララは、トーキーに邸宅“アッシュフィールド”を購入。 次女で末っ子のアガサ(1890-1976)が生まれたのはこの家だった。, 本人の述懐によると、アガサの子供時代はとても幸せなものだった。 彼女の幼い頃から、周囲には精神的に強く独立心旺盛な女性がいた。 アガサは自宅と、“継祖母”マーガレットが住むロンドン西部の家と、冬季を家族で過ごした南欧を行ったり来たりして育った。 家庭は名目上はキリスト教徒だったが、種々の秘教も秘かに信じられており、子供たちは母親のクララは霊能者で、普通の人間にはない特殊な感覚が備わっていると信じていた。, 家庭での教育を信奉していたクララは、アガサを学校にはやらずに家庭で教育した。 両親は彼女に読み書きや、彼女が特に楽しんだ算術を教えた。 『子供は8歳になるまで読めない方がいい』と信じていたクララは幼いアガサには読み方を教えなかったが、アガサは5歳になるまでに自己流で読み方を身につけていた。 音楽も教えられたアガサは、ピアノとマンドリンを弾けるようになった。 幼い頃から大の読書好きになったアガサは、『若草の祈り』『若草物語』などの児童書やアメリカの冒険小説を読みふけった。 10歳も年上の姉と兄は遊び相手にはなれず、他の子供たちと接することもほとんどない子供時代を、彼女は使用人やペットたちや想像上の友達と一緒に過ごした。 成長して友人ができたアガサは若者の演劇サークルに入り、ギルバート&サリヴァン(エセ日本を舞台にしたオペレッタ『ミカド』が有名な)の The Yeomen of the Guard を公演した際は主役のフェアファックス大佐を演じた。, 少女時代のアガサ(撮影年不詳)                    アガサと父親, 病気がちだった父親は何度も心筋梗塞に見舞われ、1901年11月に55歳で死亡した。 彼の死は家族を悲しませたが、同時に経済的な不安も与えた。 11歳だったアガサは母親クララと共にトーキーの家で暮らし続けたが、22歳になっていた姉のマッジは結婚して家を出た。 陸軍に入隊していた兄のモンティーはボーア戦争が起きていた南アフリカへと派兵された。 アガサは後年、彼女が11歳のときに起きた父親の死が、彼女の子供時代の終わりだったと回想している。 翌1902年、彼女はトーキーの女学校へと送られたが、そこの規律を重んじる堅苦しい校風には馴染めなかった。 1905年にはパリに送られ、3つの学校で教育を受けた。 3つのうち最後の学校は、フィニッシング・スクールだった。, 1910年にアガサがイギリスに戻ると、母親のクララは体調を悪くしていた。 そこで二人は、当時の富裕なイギリス人に人気のあった暖かいカイロで3ヶ月ほどを過ごすことにした。 常に母親に付き添われたアガサは、夫を求めて多くの社交イベントに参加した。 ピラミッドも観光したものの、後年の彼女にとって大きな意味をもつことになるエジプト学や考古学にはほとんど興味が持てなかった。, イギリスに戻ったアガサは、社交活動を続けた。 そのかたわら、アマチュア劇団の舞台公演の脚本や出演にも加わった。 詩作や音楽にも関わるようになり、中には活字になったものもあったが、これらの分野で将来の職業の道を探るつもりはなかった。 短編小説を書き始めたアガサは種々の雑誌に投稿したものの、採用されることはなかった。 これら短編の多くは、彼女が興味を持っていた降神術や超常現象に関するものだった。, カイロを舞台にした最初の長編小説『砂漠に降る雪』(Snow Upon the Desert)を完成させたが、これもやはり採用されなかった。 母親のクララは、家族の友人である隣人のイーデン・フィルポッツにアドバイスを求めるようアガサに忠告し、アガサはこれに従った。 フィルポッツは執筆を続けるよう彼女を励まし、自分のエージェントを紹介してくれた。 このエージェントも『砂漠に降る雪』は採用しなかったが、次の作品を書くよう彼女に薦めた。, 執筆活動のかたわら、アガサは夫探しを続けていた。 4人と付き合い、うち一人とは婚約までいったが、結婚には至らなかった。 やがて彼女は、トーキーから19kmほど離れたチャドレイにあるクリフォード卿夫妻の邸宅で開かれたダンス・パーティーで、“アーチー”(アーチボルド)・クリスティー(1889-1962)と出会った。, インド高等文官の判事の息子としてインドで生まれたアーチーは、イギリス空軍に入隊し、1912年からデヴォン州に駐屯されていた。 アガサとアーチーはまたたく間に恋に落ち、ファーンボロへの転属が決まったアーチーはアガサにプロポーズし、アガサは受け入れた。 1914年に第一次世界大戦が開戦し、アーチーはドイツ軍と戦うためフランスに送られた。 同年の末に一時帰国を許されたアーチーは、婚約者のアガサとロンドンで落ち会い、クリスマス・イヴの午後に結婚。 短いハネムーンをトーキーのグランド・ホテルで過ごしたアーチーは、12月27日にフランスに戻った。 その後も二人は、彼が帰国を許されるたびに再会した。 1918年1月にアーチーが空軍省(Air Ministry)の大佐としてロンドンに落ち着いたとき、ようやく二人の真の結婚生活が始まったようにアガサは感じたという。, アーチーがフランスにいる間は、アガサも傷病兵看護のボランティアに志願し、トーキーの赤十字病院で負傷兵の手当をした。 初めて手術に立ち会ったときは、負傷兵の皮膚にメスが入れられ血を見た途端に失神してしまったという。 しかし血を見ることにもすぐに慣れた。 切断手術後の後片付けという任務におののく若い看護師の代わりに床の血をモップで掃除し、切断された脚を焼却炉に運べるようになった。 彼女は1914年10月から1916年12月までの間に3400時間の無償看護労働を提供した。, その後は薬剤部に配属され、1918年9月に任務を終えるまで薬剤師として年棒16ポンドの報酬を与えられた。 薬剤部は看護の仕事に比べてずっと退屈だったが、そこで彼女は薬や毒物についての詳しい知識を身につけることができた。 暇ができると、彼女は探偵小説を書くことを考えるようになった。 「毒物に囲まれていたから、毒物による死が思い浮かんだのは私には自然なことだった。」 1920年に出版された処女作『スタイルズ荘の怪事件』が執筆されたのは、1916年のことだった。 1918年、アガサはロンドンに戻ったアーチーと、ロンドン北西部のフラットに住居を定めた。, アガサが物を書くことに興味をもつようになった最初のきっかけは、母親の提案だったという。 風邪をひいてベッドから出られなかった彼女に、母親のクララは何か書きものをするよう勧めた。 最初の頃は詩や短編を書いていたが、ウィルキー・コリンズの『白衣の女』『月長石』やコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを愛読したアガサは、長いこと探偵小説のファンだった。 同時に、犯人が誰かすぐわかってしまう探偵小説が多いことに辟易していた。 第一次大戦中に毒物の知識を得た彼女が探偵小説の執筆に方向を定めたのは、ごく自然な流れだったろう。, 彼女は1916年に、洗練された大きな口髭をたくわえ卵型の頭をしたベルギー人の元警官で、ドイツ軍に侵攻されたベルギーからイギリスに逃れてきていたエルキュール・ポアロを主人公に、最初の長編探偵小説『スタイルズ荘の怪事件』を書き上げた。 ポアロのモデルになったのは、トーキーに実在したベルギー人避難民だった。 いくつかの出版社には却下されたが、ボドリー・ヘッド社のジョン・レーンは草稿を数年間保管したのち、「結末を変えるなら受け入れる」と伝えてきた。 彼女はそれに応じて契約を交わしたが、後になってその契約は搾取的だったと感じ、出版社を変えている。, 結婚生活も充実していて、アガサは1919年8月5日にトーキーの実家“アッシュチャーチ”で娘のロザリンドを産んだ。 戦後アーチーは空軍を辞め、シティーの金融街で低給の仕事に転職したものの、まだメイドをおく余裕はあった。, アガサの2作目は、トミーとタペンスという探偵のカップルが登場する『秘密機関』(1922年)で、これもボドリー・ヘッド社によって出版され、彼女は50ポンドを稼いだ。 3作目はポワロもので、『ゴルフ場殺人事件』(1923年)。, 1922年1月20日、31歳のアガサは11ヶ月間の世界旅行に出発した。 夫のアーチーが、友人のベルチャー大尉から、大英帝国博覧会(British Empire Exhibition)を宣伝するための世界旅行に同行するよう依頼されたのだ。 アーチーは引き受け、アガサも一緒に行くことにした。 まだ幼かったロザリンドは、母親のクララと姉のマッジに預けていった。 南アフリカ・オーストラリア・ニュージーランド・ハワイ・カナダなどを巡る旅をアガサも大いに楽しみ、後日「私の人生の中でも最もエキサイティングな 出来事のひとつだった」と回想している。 南アフリカでサーフボードに腹ばいになってサーフィンすることを習った彼等は、ワイキキでは立ってサーフすることを学んだ最初のイギリス人のうちの一人となった。 南欧、パリ、カイロに続いて世界旅行・・・ クリスティー作品の多くが外国や豪華客船や列車を舞台にしているのも不思議はない。, ハワイにて、1922年夏                   南アフリカでサーフィン, オーストラリアでくつろぐアガサ                                                 ハワイのアガサ, 1926年末になって、アガサは夫のアーチーから「他に好きな女性ができたので、彼女と結婚するため別れて欲しい」と告げられ、11日間の失踪騒ぎを起こす。 無事発見された本人が一切語らなかったため、真相は今も謎のままとなっている。 (詳しくは『アガサ・クリスティー失踪事件』をどうぞ。) その後別居を続けていたアーチーとアガサは、1928年に離婚した。, オリエント急行に乗ることを長年熱望していたアガサは、1928年秋、その夢を実現させた。 ディナー・パーティーでの偶然の会話の流れから、バグダッド経由でウルの発掘現場に脚を伸ばすよう説得されたアガサは、発掘の中心だったウーリー夫妻と知り合った。 翌年ふたたび現場に招待されたアガサは、そこで見習い考古学者のマックス・マローワン(当時25歳でアガサより14歳年下)と出会った。 ウーリー夫人はマローワンに、アガサに発掘現場を案内するよう頼んだ。 意気投合した二人は、一緒にいて不思議とくつろげるのを感じた。 マローワン(1904-1978)のプロポーズを受け入れたアガサは、彼と1930年9月11日にスカイ島で再婚した。 幸福な結婚生活は、アガサが1976年に没するまで続いた。 マローワンはアガサにワインをたしなむことを教えたが、アガサは生涯ワイン好きにはなれず、レストランでは水を注文した。 煙草を吸う習慣を身につけようと、昼食と夕食のあとに吸うことを半年続けたが、結局煙草も好きになれなかった。, 結婚後は二人は、春と晩秋は発掘作業をし、夏はロザリンドとともにアガサのトーキーの実家“アッシュフィールド”で過ごし、クリスマスはアガサの姉の家族とカントリーハウスのアブニー・ホールで過ごし、それ以外の時期はロンドンやウォリングフォードの屋敷で過ごすという生活パターンを確立させた。 1938年にアガサは、一目惚れしたデヴォン州の邸宅“グリーンウェイ”を購入した。 周囲を家々に囲まれ覗き込まれるようになっていた“アッシュフィールド”の代わりになる夏場の滞在先として、“グリーンウェイ”は完璧だった。, アガサは、自分が訪れたことのある土地をしばしば小説の舞台に使った。 マローワンとの結婚後考古学に目覚めた彼女は、彼の発掘作業に同行して一緒に作業した。 その経験は、中東を舞台にした彼女の小説の背景となって多いに役立った。 自伝で、彼女自身がこう述べている。 「私はずっと前に夫のマックスに、『少女時代に考古学に興味を持っていれば、もっとずっと知識が身についていたでしょうに。本当に残念だわ。』と悲しげに言ったことがある。すると彼はこう応えた。『現在のイギリス女性で君以上に有史以前の陶器について博学な女性はいないということに気づいていないのかい?』」, 他の作品(例えば『そして誰もいなくなった』)は、彼女が生まれ育ったトーキーやその近辺が舞台となった。 1934年の『オリエント急行の殺人』は、オリエント急行の南の終点であるトルコのイスタンブールにあるペラ・パレス・ホテルで書かれた。 アガサの部屋だった411号室は、現在も彼女の滞在を記念して装飾されている。 アガサとマローワンが1938年に夏の住居として購入したデヴォン州のグリーンウェイ邸は、現在ナショナル・トラストの管理下にある。, アガサと娘のロザリンド(撮影年不詳)                           左からロザリンド、孫のマシュー(手前)、友人(奥)、アガサ(1948年), アガサは義兄(姉マッジの夫)のジェームズ・ワッツが所有するアブニー・ホール(Abney Hall)をしばしば訪れ、そこで少なくとも2本の作品を書いた。 『葬儀を終えて』と短編の『クリスマス・プディングの冒険』である。 多くの使用人を抱えた壮麗なアブニー・ホールは、カントリーハウスを舞台にしたアガサの作品の多くにインスピレーションを与えた。, 第二次大戦中、マックスは通訳として働くよう要請され、カイロに赴いた。 アガサはロンドンの大学病院の薬局でボランティアとして働き、毒物に関するさらなる知識を得た。 これは戦後の作品に大いに活かされた。 例えば毒殺の手段としてのタリウム使用を提案したのは大学病院の薬局の薬剤師だったハロルド・デイヴィス(後の厚生省の薬局長)だったが、アガサはこのアイディアを、1961年に出版された『蒼ざめた馬』で使った。 彼女のタリウムの中毒反応の描写が正確だったため、実際の事件の解決に一役買ったことすらあったという。 彼女が住んだロンドンのチェルシー地区のクレスウェル・プレイスとシェフィールド・テラスの住所には、現在ブルー・プラークが掲げられている。, 第二次大戦中だった1941年から1942年頃、アガサはイギリスの諜報機関MI5にマークされたことがあった。 1941年に出版された、英国に潜入したヒトラーの二人のスパイを追う彼女の作品『NかMか』に、ブレッチリー少佐という登場人物がいたためだった。 ブレッチリー・パークは当時、英国政府の暗号解読本部だったが、それは国家の最高機密だったため、MI5はアガサがブレッチリー・パークにスパイを送り込んでいたのではないかと疑ったのである。 この疑いは、彼女が暗号解読専門家のディリー・ノックス(Dilly Knox)に「ブレッチリーという名は単に、私が最も好きになれない名前のひとつ」と明言したことで無事晴れた。, 娘のロザリンドは1940年にヒューバート・プリチャードと結婚し、1943年9月21日に息子のマシューが生まれた。 マローワンはまだカイロにいたが、アガサはしばしば娘を訪れ、孫息子の世話を手伝った。 義理の息子のヒューバートは、翌年戦死。 ロザリンドは1949年にアンソニー・ヒックスと再婚した。 1959年に“グリーンウェイ”の名義をアガサから譲られたロザリンドと夫は、1967年に“グリーンウェイ”に移り住んで造園に精を出し、2000年に所有地の大部分をナショナル・トラストに寄贈した。 2004年にロザリンドが、2005年に夫のヒックスが死亡すると、邸宅と残りの土地もナショナル・トラストに寄贈された。, 文学界への貢献が讃えられ、アガサは1956年に大英帝国勲章を贈られた。 翌年には“ディテクション・クラブ”(イギリス推理作家クラブ)の会長に選出された。 1971年には勲章のランクがデイム・コマンダーに格上げされた。 その3年前には夫のマックス・マローワンが、1968年の考古学調査が評価されてナイトに叙任されている。 夫婦のそれぞれが高ランクに叙任された、数少ない例のひとつとなった。 (夫がナイトに叙任されるとその妻は自動的にレディーの称号を与えられるので、アガサはすでに3年前からレディー・マローワンだった。), ABC劇場での『オリエント急行の殺人』のプレミアに女王を迎えるアガサ(下左・1974年)と、晩年のアガサとマローワン(下右), 1971年から1974年にかけて、アガサの健康状態は徐々に衰えていったものの、彼女は執筆活動を続けた。 アガサが最後に公的な場に姿を現したのは、1974年の映画『オリエント急行の殺人』(Murder on the Orient Express, ポワロを演じたのはアルバート・フィニー)のプレミアの晩だった。 自分の作品の映画化版やドラマ化版のほとんどに満足しなかったという彼女だが、1974年のこの作品は気に入ったらしい。 彼女の感想は、「上出来。ポワロの口髭が豪華さに欠けるのが珠にキズだけれど。」だった。 老衰を認識するようになったアガサは、1975年に自分の最も成功した戯曲『ねずみとり』の権利を、孫のマシューに譲った。, アガサ・クリスティーは1976年1月12日に、オクスフォード州南部のウォリングフォード(Wallingford)の自宅ウィンターブルック・ハウス(1934年に購入)で安らかに息を引きとった。 享年85歳。 遺体は隣接するチョルシー(Cholsey)にある聖メアリー教会の墓地に埋葬された。 アガサより14歳年下だったマローワンは、翌年に同僚の考古学者のバーバラ・パーカーと再婚したが、さらにその翌年の1978年に74歳でこの世を去った。 (パーカーはマローワンの愛人だったという噂もあったが確証はない。未亡人となったバーバラは、1993年に85歳で死去した。), ウィンターブルック・ハウス                孫のマシュー(中央)と夫のマローワン(右手前)         アガサとマローワンの墓標, アガサの唯一の子供だったロザリンド・マーガレット・ヒックスは、2004年10月28日にデヴォン州トーベイで死去した。 母親と同じく享年85歳だった。  アガサの孫のマシュー・プリチャードは、現在も Agatha Christie Limited の運営に深く関わっている。, ・・・ アガサ・クリスティーの失踪事件について調べたとき、彼女の生涯についてもあれこれ出てきたので、さらに調べて記事にしてみました。, 当時としては裕福な家に生まれたお嬢様だったんですねぇ。 父親の死後は経済的に困窮したとはいえ。, ギネスブックによると、「シェイクスピアと聖書に次いで最も多く世界で出版されている」という彼女の作品。, 多くの作品を残し、新世紀に入ってもなお読者を楽しませてくれるクリスティーに大感謝!, 孫のマシュー(中央)と夫のマローワン(右手前)         アガサとマローワンの墓標.

村上信五 父 死亡 32, 千葉トヨペット ハリアー マット 5, 愛育クリニック 愛育病院 違い 51, フィッシャーズ シルク 大学 4, 鳩 夜 ベランダ 16, ゼロ 一攫千金ゲーム 1話 フル 7, 有吉 Eeee 視聴率 6, ダート 1400m 血統 10, イチロー 嫌 われ た 理由 7, 小倉唯 ブログ コナン 4, トートタロット ディスク クイーン 5, Z伝説 ~ファンファーレは止まらない Mp3 5, デザイン パクリ 服 7, ベターコールソウル シーズン5 9話 11, お 休み 中にも かかわら ずお返事いただき ありがとう ござ�%8 41, タッチ 登場人物 相関図 26, Artisan Hair 新大久保 6, バンテージ ポイント 馬 4, 恋つづ ロケ地 天堂家 10, インク サンズ エラーサンズ 18, S最後の警官 動画 1話 35, ドラム メーカー 世界シェア 8, ジュニアユース セレクション 2021 神奈川 23, アメリカ人 平均身長 推移 5, 聖カタリナ バスケ コーチ 田村佳代 22, 建設業 帳簿 エクセル 15, ボンビーガール 北海道 はるか 8, マイクラpe 戦車 Mod 4, Kokura Live 2020 8, 青春時代 キャスト 変更 17, 666 オーメン 意味 33, ラチェット音 爆音 ホイール 13, Invite To Invite For 違い 8, 金木犀の香り 歌 ティックトック 9, ベアリング 等級 輸出規制 7, 類義語 検索ツール 英語 8, オラクルマスター 受験料 割引 6, セロトニン サプリ 市販 おすすめ 8, Auひかり Vpn Iodata 6, 関西本線 非電化 なぜ 4, 福岡 単発バイト おすすめ 5, ポケモンbw Rom ダウンロード 29, ピザハット スパイシードレッシング レシピ 10, 横浜 ベイスターズ ファンフェス 18, Deja Vu 和訳 14, Udトラックス 夜間 コールセンター 電話番号 8, 工事 予算書 テンプレート 6, 大通駅 コインロッカー 無料 14, 在宅 バイト 日払い 9, 志村 どうぶつ 園 視聴 率 低下 57, 松雪泰子 自宅 住所 8, アンナチュラル 竜星涼 メガネ 7, 猫 座り方 後ろ足 開く 43, 凜 凛 違い 13, Spotify キャリア決済 解約 5, 公認 反対 語 4, スタバ ケーキ まずい 9, Gto バイク 車種 24, 夜会 動画 佐藤健 26, 多肉 植物 ブログ にゃんこ 6, マイクラ配布ワールド 統合版 人狼 47, 営業マン 英語 女性 6, はぐれ刑事純情派 最終回 動画 18, Ark 刷り込み コマンド 29, エクストレイル オーテック 評判 8, クローズ ワースト 外伝 4, Wwd2 歌詞 色分け 5, 券 漢字 間違い 5, 綾瀬はるか 離れ 目 9, あそびあそばせ 将棋部 何話 13, びす 歌い手 リスカ 17, ありがとう ございます もっと丁寧 4, Bbc 野球 カード 5, ハンサム ライブ 2012 レポ 10,