オリエント急行殺人事件 1974 吹き替え 12

オリエント急行殺人事件 1974 吹き替え 12

ラチェットの隣室で、深夜に部屋に男がいたと証言したアメリカ人。, ドラゴミロフ公爵夫人/ジュディ・デンチ アーバスノットと親しい人物。バグダッドで家庭教師をしていた。, ゲアハルト・ハードマン/ウィレム・デフォー 『オリエント急行の殺人』または『オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうのさつじん、オリエントきゅうこうさつじんじけん、原題:Murder on the Orient Express)は、アガサ・クリスティによって1934年に発表された長編推理小説である。 アメリカの映画「オリエント急行殺人事件」の字幕・吹き替えが見られる動画配信サービスや無料視聴する方法について調査しました。動画配信サービスの比較や作品のあらすじ、見所、実際に視聴した感想も紹介します! ポワロと被害者、オリエント急行の乗務員たち. 傑作ミステリーを超豪華キャストで描くゴージャスなエンターテイメント列車内で起きた殺人事件――。容疑者は乗客全員<キャスト&スタッフ>エルキュール・ポアロ…ケネス・ブラナー(草刈正雄)エドワード・ラチェット…ジョニー・デップ(平田広明)ピラール・エストラバドス…ペネロペ・クルス(高橋 理恵子)ドラゴミロフ公爵夫人…ジュディ・デンチ(山村紅葉)メアリ・デブナム…デイジー・リドリー(永宝千晶)キャロライン・ハバード…ミシェル・ファイファー(駒塚由衣)ゲアハルト・ハードマン…ウィレム・デフォー(家中 宏)監督:ケネス・ブラナー原作:アガサ・クリスティ●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:野口尊子<ストーリー>エルサレムで事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。アメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護を頼まれるが、ポアロはあっさりと断る。その夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまった車内でラチェットが何者かに殺害される。鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に聞き込みを開始するが、乗客全員には完璧なアリバイがあることが判明するのだった……。<ポイント>●オールスター・キャスト大集結! 国際色豊かな乗客たちには相互に何のつながりもないと思われたが、彼らには他の乗客を証人とする完璧なアリバイがあった。ポアロの灰色の脳細胞が導き出した事件の真相は、予想もつかないものだった。, 原作者であるアガサ・クリスティは、それまで自作を映画化したものが全て不満足な出来であったため、自作の映画化を非常に嫌っていた。しかし本作で製作プロデューサーを務めた、イギリス女王の従兄弟でもあるジョン・ブラボーン(英語版)卿の説得により、映画化が可能となった。また、本作の成功でブラボーンはクリスティからの信頼を勝ち取り、以降クリスティ作品の映画化を数多く手がけることとなる。, 原作とは若干登場人物の名前が異なる。例えば鉄道会社の重役ブークがビアンキに、被害者の召使マスターマンがベドウズに変更されている。また原作では事件発生前、ポワロはシリアで現地フランス陸軍の事件を解決するが、本作ではイギリス軍の事件を解決している。, ポワロの事件解決後、乗客たちはワインで乾杯を行う。DVD特典映像の監督インタビューによれば、本作はオールスターキャストであるので、カーテンコールの意味合いで設けたシーンであるという。, 戦後の運行再開からは座席車や「クシェット」と呼ばれる簡易寝台車を組み込んだ編成に変わっていた。, King: A Filmed Record... Montgomery to Memphis, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オリエント急行殺人事件_(1974年の映画)&oldid=78391015, DVDにテレビ朝日版の吹替を収録した際、追加収録が敢行された。当時のパラマウントは追加収録の際は基本当時の声優は起用せずに原則全員代役を起用していたが、今作の追加収録では現役且つ追録箇所が比較的多い声優のみ当時と同じ声優(近藤、西沢、小川)が再起用された。なお、追加収録が敢行された素材は初回放送の物か再放送時の物かは不明である。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 『オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうさつじんじけん Murder on the Orient Express)は、1974年のイギリス・アメリカ合衆国のミステリ映画。 『オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうさつじんじけん Murder on the Orient Express)は、1974年のイギリス・アメリカ合衆国のミステリ映画。 監督はシドニー・ルメット、主演はアルバート … 年が若く、誰もが美しさを認める美人。体調を崩して薬を服用している。, ドクター・アーバスノット/レスリー・オドム・Jr 全世界大ヒット! アガサ・クリスティの『オリエント急行の殺人』を映画化した作品で、豪華なキャストが話題になった。, 映画は1974年11月24日に北米で公開されヒットを記録、アメリカ国内でおよそ3500万ドルの興行収入を挙げた。同年度の第47回アカデミー賞では、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、衣装デザイン賞の6部門でノミネートされた。そのうちイングリッド・バーグマンが助演女優賞を受賞した。, イスタンブールで事件を解決した私立探偵エルキュール・ポアロは、新しい事件のためオリエント急行で急遽ロンドンに向かうことになった。ところが列車はそのシーズンにしては珍しく混んでおり、一等寝台車は満室であった。ポアロはホテルで友人のビアンキに再会する。オリエント急行を所有する国際寝台車会社の重役である彼の計らいにより、ポアロはなんとかオリエント急行に乗り込むことに成功する。イスタンブールを出て2日目の夜、雪のために列車はバルカン半島内のある場所で停車してしまう。そしてその翌朝、一等車に宿泊していた裕福なアメリカ人の乗客ラチェット・ロバーツが死体で発見される。ポアロは彼から命を狙われていると相談を受けたが、嫌悪感から断っていたのである。, ポアロとビアンキは、二等車への乗車にて捜査対象外とされたギリシャ人医師コンスタンティン、フランス人車掌ピエール・ミシェルと共に捜査に乗り出す。コンスタンティン医師の検死により、ラチェットは合計で12回刺されており、そのうち少なくとも3回が致命傷になるほど深かったことが分かった。被害者のポケットにあった止まった時計、そして容疑者たちの当夜の行動によるポアロの推理により、ラチェットは深夜1時半頃に殺されたと判断された。死亡推定時刻は雪によって列車が停車した時間よりも前であり、積雪に犯人が逃亡した跡がなかったこと、一等車から他の車両への通路に鍵が掛けられていたことから、犯人は「一等車の乗客の中にいる可能性が極めて高い」と思われた。, 以上の手掛かりを元に、ポアロは一等車の乗客の尋問を開始する。そしてポアロは「ラチェットの隠された過去」を暴き出す。実はラチェットは、カッセッティと呼ばれるマフィアのボスだったのだ。数年前、カッセッティとその部下は、アメリカに移住した裕福なイギリス人のアームストロング大佐の赤ん坊デイジーを誘拐した。その赤ん坊は身代金が支払われた後に死体で発見され、次の子供を妊娠していたアームストロング夫人は死産の末に命を落とし、犯人の一味と誤解されたメイドのポーレットは自殺し、そして一連の悲劇に疲弊したアームストロング大佐も自ら命を絶ってしまった。その後、カッセッティの共犯者は逮捕されたが、カッセッティ本人は国外逃亡して罪を免れていた。, ラチェットは、正義の名の下に殺されてもやむをえないような人物だった。かといって、このまま殺人犯を見逃すわけにもいかない。果たして殺人を遂行したのは一体誰なのか? 自動車販売で成功しているが、キューバで脱獄し、アメリカへ渡ってきた過去がある。, ヘクター・マックイーン/ジョシュ・ギャッド ●世界的に有名なミステリー小説の傑作を映画化! 好きなものはたくさんなのでいろいろ書きますSMAP、コブクロ、SPYAIR、B'z、タイバニ他読書はミステリ、FT、SF、幻想小説を中心にいろいろと映画や舞台も好きです, 私はクリスティが好きでミステリは全部読んでる……と思います。少なくともハヤカワで翻訳されたものはミステリは全部読んでる。ミステリじゃないのは読んでないですが。, オリエント急行殺人事件はとにかくセットが豪華なイメージ。オリエント急行自体、当時はお高くて、特に事件の舞台となった一等車は侯爵夫人や伯爵も使っていたような車両ですから、なにもかも豪華。, 作品としては有名なものだし、けれど知らない方にミステリを解説するのも無粋なので謎やネタバレには触れないこととして感想を。, まずはポアロ。ポアロといえばBBCドラマのデイヴィット・スーシェが有名ですし評価も高いですがこれまでにも数人の方が演じられてますよね。なのでそこは私は違和感はなかったなぁ。ピーター・ユスティノフは今回のケネス・ブラナーよりも見た目はかけ離れてましたし。, そして見終わったときに私の口から出たのは、「ポアロがポアロのくせにカッコいい!」でした。, 謎と動機はどちらも触れたらネタバレになるのでここには書きませんが、犯人の最後の演技がすごく良かった。そのあたりで泣いてる人もいたなぁ。, このお話は犯人をあぶりだす過程でどうしても会話劇になるのが避けられないので、そこで眠くなってしまう人もいるのかもしれないのですが、思ったよりもその部分が短かったです。, 吹替版というとよく話題になるのが、声優さんではない人を使って上手くはまらないという話ですが、今回のは私はまったく違和感なく入り込めました。, 私はあんまり声優さんに詳しくはないですが、ジョニー・デップをいつもやってらっしゃる平田弘明さんは好き。, SMAPファンの方々は、ナカイの窓のナレーションをやってる方、といえばわかるかな。一度、カリスマ声優かなんかで出演もされてます。ワンピースのサンジをされてる方。私はTIGER&BUNNYが好きなんでタイバニの虎徹さんの方が印象強い……というかアニメほとんど見ないんでワンピースのサンジの方が実はわかってないんですが。, 低い声がカッコいいんですが、今回もジョニー・デップはいい声だった。今回は悪役だったんでそりゃあもう嫌ーな顔してるいけすかないやつでしたが、声は良いんだ声は。かえってムカついたくらいw, 関係ないけど、ポアロがジョニー・デップ演じるラチェットの依頼を断るシーンがあるんですが、断る理由が「顔が嫌い」って言ってたんですよね。. <特典>【ブルーレイ】※全てブルーレイディスクのみの収録特典●アガサ・クリスティの素顔●ポアロ登場●意外な容疑者:パート1●芸術性の追求●意外な容疑者:パート2●オリエント急行の車窓から:撮影秘話●意外な容疑者:パート3●殺人のための音楽●未公開シーン集 ケネス・ブラナー(監督)とマイケル・グリーン(脚本)による音声解説付き―もうひとつのオープニング―ニュース映像(ロング・バージョン)―朝食―チェックイン―イスタンブールのカフェ(ロング・バージョン)―列車内の風景―発車―ポアロの就寝の儀式―ポアロの就寝の儀式(別バージョン(1))―ポアロの就寝の儀式(別バージョン(2))―ピエール・ミシェルへの尋問―荷物検査―ポアロの夢想●ケネス・ブラナー(監督)とマイケル・グリーン(脚本)による音声解説●オリジナル劇場予告編集―オリジナル劇場予告編(1)―オリジナル劇場予告編(2)●スティル・ギャラリー, アガサ・クリスティの傑作ミステリー小説を、名匠にして名優のケネス・ブラナーが映画化。名探偵、エルキュール・ポアロが豪華寝台列車・オリエント急行で起こった殺人事件の謎解きに挑む。ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスら豪華俳優陣が共演。, 名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。アメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護を頼まれるが、ポアロはあっさりと断る。その夜、車内でラチェットが何者かに殺害される。鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に聞き込みを開始するが、乗客全員には完璧なアリバイがあった…。DVDが付いたセット。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション[AmazonDVDコレクション], アガサ・クリスティ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス), アルフレッド・ヒッチコック クラシックス・コレクション 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray], アリータ:バトル・エンジェル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray], 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 オリエント急行殺人事件 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray] ... ケネス・ブラナーのポアロは草刈正雄の吹き替えで見たせいか、違和感あり。 ... その年の12月まで待てば、ブルーレイとDVDがそれぞれ単品で発売されているからだ(しかもどちらも1000円と安い)。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, 既に多くの人が結末を知っている推理物をもう一度映画化する、これ程のリスクが何処にあろうか?, デヴィッド・スーシェさんが演じるポアロが大好きでしたが、それはそれで置いておいて・・・, クリスティの代表作「オリエント急行殺人事件」。これまでも何度も映画化されているが、本バージョンはスピード感に溢れていた。, オリエント急行殺人事件といえば、幾度となくリメイクされたアガサ・クリスティ原作の名作である。本作はキャスティングもすばらしく私が好きな1974年作品に劣らない。後は好みの問題だが、やはり1974年作品のミステリアスな音楽と推理の緊張感を顔芸で表現していたポアロのほうが、本作のアクション混じりのポアロより良いように感じる。, 推理映画としても人間ドラマとしても失敗しています。2時間で内容をまとめきれていないため、ダイジェスト版を見ているようなスピード感で物語が進んでいきます。登場人物も多く非常に分かりにくいと思います。物語に入り込めません(原作を読んだ自分でもそうでした)。, 本作はミステリーの女王アガサ・クリスティーが生み出した自称「世界一の名探偵」エルキュール・ポワロシリーズの中でも最も有名な作品「オリエント急行の殺人」を映画化した76年のシドニー・ルメット版のリメイク作品だが、出来は最低の一言。どのくらい酷いかといえば、「ジャッカルの日」をリメイクしたブルース・ウイリス主演の「ジャッカル」並かそれ以上。実際観ていて頭が痛くなってくるほど酷かった。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 監督はシドニー・ルメット、主演はアルバート・フィニー。 ラチェットの遺体を調べ、死亡時刻を推測する医師。, エドワード・マスターマン/デレク・ジャコビ エルキュール・ポワロ エドワード・ラチェット ピエール・ミシェル 犯人はだれ? 12人の容疑者たち 有能なダンサーでもあるハンガリーの貴族。, 原作は数多くの名作を生み出してきたアガサ・クリスティの作品の中でも、アンケートをとれば必ず上位になるほどの大傑作「オリエント急行の殺人」。ちなみに、クリスティはギネスブックによって「世界で一番売れた作小説家」と認定された。, そんな彼女の人気シリーズが「名探偵ポアロ」シリーズ。原作は8作目(長編33作と短編50作)で、1934年に発表された。なお本作でクリスティは、テーマとして実在する誘拐事件を取り扱ったとされている。, また人気原作であるため、「オリエント急行の殺人」は舞台化やアニメ化、そして何度も実写化されている。中でも、シドニー・ルメット版映画『オリエント急行殺人事件』(1974)やイギリスのドラマ「名探偵ポワロ」シリーズの『オリエント急行の殺人』が有名だ。ちなみに日本でも、TVドラマ『オリエント急行殺人事件』(2015)が三谷幸喜監督で製作されている。監督ごとに結末やディテールが異なるため、見比べてみるのも面白いかも!, なお本記事で紹介しているケネス・ブラナー版映画『オリエント急行殺人事件』(2017)が現時点(2020年10月2日時点)では最も新しいため、今の人の心を捉えやすいと言えそう。, Filmarksで53,000Mark(※2020年10月2日現在)を超える本作。寄せられたレビューを見てみると、「キャストは名優ぞろい。」「キャスティングが凄い良かった」などとにかく豪華すぎるキャストに興奮しているレビューが多くあった。特に、「おじさまカッコイイ…」など主演で監督も務めるケネス・ブラナーに魅了された方が多い印象!, また「ラストは悲しみの後に優しい光が差し込むような余韻がある。」「これぞミステリーの原型!」「どんでん返しに全員が騙される。」「これからはどんどんミステリーにハマりそうな気がします」など、ストーリーの巧みさに唸った人も多かった様子。約90年前の原作小説が、今もまだ人に影響を与え続けるのは流石“ミステリーの女王”! ミステリーの秋に欠かせない一作になりそうな予感……。, ケネス・ブラナー版「名探偵ポアロ」シリーズは、続編『ナイル殺人事件』の公開が12月に予定されている。アガサ・クリスティ生誕 130 周年、そして名探偵ポアロシリーズ出版 100 周年という記念すべき年に公開ということもあり、期待度が高まる。原作はクリスティ作品の中で、名作の呼び声が高い「ナイルに死す」。パワーアップしたポアロからますます目が離せない!, (c)2017Twentieth Century Fox Film Corporation (c)2020 20th Century Studios. オリエント急行殺人事件といえば、幾度となくリメイクされたアガサ・クリスティ原作の名作である。本作はキャスティングもすばらしく私が好きな1974年作品に劣らない。 日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。, レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。, ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック, 傑作ミステリーをケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ペネロペ・クルスほか超豪華キャストで描くゴージャスなエンターテイメント !列車内で起きた殺人事件――。容疑者は乗客全員!, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 映画『オリエント急行殺人事件』(2017年版)簡単なあらすじ; 登場キャラクターとキャスト、吹き替え声優. アルコール依存症。ラチェットの秘書で帳簿を管理している。, ルドルフ・アンドレニ伯爵/セルゲイ・ポールニン 人種差別発言が多いオーストラリア人の教授。, エレナ・アンドレニ伯爵夫人/ルーシー・ボイントン 『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』などで知られる “ミステリーの女王”、アガサ・クリスティ。そんな彼女の作品の中でも特に人気がある小説「オリエント急行の殺人」が原作の映画『オリエント急行殺人事件』。ケネス・ブラナーが名探偵ポアロを務める本作は続編も決まっていて、大人気シリーズになる予感!, トルコ発フランス行きのオリエント急行でくつろぐ名探偵ポアロ(ケネス・ブラナー)に話しかけてきた、アメリカ人富豪のラチェット(ジョニー・デップ)。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往する。そしてその車内でラチェットが刺殺体の状態で見つかる。 鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは、密室殺人事件の解明に挑む。共通点のない13人の容疑者の中に、果たして犯人はいるのだろうか…….。, 主人公であるポアロや被害者のラチェットの他に、13人の容疑者が出てくるため「混乱した」という声もある本作。ここでは、登場人物を立場ごとに分けてまとめておさらい。, ハバード夫人/ミシェル・ファイファー このまとめでは、「オリエント急行殺人事件」1974年版のネタバレあらすじ、2017年版や原作、他の映像化との比較を通してあらすじ解説していきます。原作や2017年版に比べても見やすく、あらすじがわかりやすい傑作との呼び声も高い「オリエント急行殺人事件」1974年版。一体どんな点が評価されているのか、1974年版あらすじなどの原作との違い、魅力を詳しく見てきましょう。, 早速、「オリエント急行殺人事件」1974年版のあらすじを詳しく見て行きましょう。事件は、まずはじめとなる事件は1930年のアメリカ・ニューヨークでおきます。ある時、ロングアイランドでひとりの少女の誘拐・殺人事件が起きました。少女は大富豪・アームストロング家のひとり娘で、アームストロング家からは20万ドルと言う巨額の金が身代金として支払われましたが、少女が生きて帰ることはなかったと言う、酷い事件でした。, 事件の後、一家はめちゃくちゃになりました。アームストロング夫人は次の子を身ごもっていたにもかかわらず、死産の末に命を落とします。犯人と繋がりがあると疑われたメイドのポーレットは自殺しました。そして、それらの出来事に疲れ切ったアームストロング大佐もまた、銃で自ら命を断ったのでした。, その後、少女を誘拐した犯人は逮捕されますが、証拠不十分により釈放されてしまいました。また、事件の首謀者は国外逃亡を果たし、罪を免れてしまいました。その陰惨な事件から月日は流れ、1935年、トルコの首都イスタンブールでひとつの事件を解決した私立探偵のエルキュール・ポワロ(アルバート・フィニー)は、新たな事件解決のため、アジアとヨーロッパを横断する列車「オリエント急行」でロンドンに向かう途中でした。, ポワロはホテルにて偶然にも、旧友のビアンキと再開します。冬場にも関わらず列車の客室は満席でしたが、鉄道会社の重役であるビアンキの計らいで、相席ながらもなんとか列車の客室を融通してもらったポワロ。同質になったのは、アメリカの大富豪ラチェット・ロバーツ(リチャード・ウィドマーク)の秘書ヘクター・マックイーン(アンソニー・パーキンス)の三人でした。, 出典: https://thisfilmshouldbeplayedloud.com, 列車はイスタンブールを離れ、目的地であるフランス・カレーに向けて順調に旅を続けていました。しかし、バルカン半島内のある地点に差し掛かった深夜、行く先の線路が大雪で埋められ、列車は立ち往生を余儀なくされます。列車が先へと進むことのできないまま迎えた翌朝、ロバーツの執事であるエドワード・ベドーズ(ジョン・ギールグッド)が主人の元を訪ねたところ、返事がありませんでした。, 不審に思い、車掌であるピエール・ミシェル(ジャン=ピエール・カッセル)が家具位を開けたところ、部屋の中からは刃物で銃数カ所を刺され、息絶えたロバーツの遺体が発見されました。列車の乗客であったコンスタンティン(ジョージ・クールリス)という医師が行なった検死の結果、刺し傷は12箇所。そのうち3箇所が、地名省となるほど深い傷であった頃が検死結果によりわかりました。, 殺害されたロバーツの衣服のポケットからは止まった殺されたと思われる時刻で静止した時計が発見され、事件発生当時の乗客たちの行動から、ポワロは殺害時刻を深夜1時半と推理します。被害者が死亡したとみられる時刻にはすでに列車が雪により停まっていたこと、積雪に逃走した形跡が見られなかったこと、また一等車から別の車両への通路には鍵がかけられていたことから、容疑者は一等車の乗客だと推測されます。, それにより、二等車に乗車していた医師のコンスタンティン、と、フランス人車掌のピエール・ミシェルは捜査対象から除外されます。ロバーツの部屋の灰皿からは、手紙のようなものを燃やした残りカスが発見されます。そこには、5年前に誘拐され、殺されたアームストゴング家のひとり娘の名が記されていました。探偵・ポワロは旧友であるビアンキの頼みを受け、事件の真相解明に動き出します。, ポワロはまず、寝台車の乗客たち12人に対し聞き取りを行いました。乗客たちから話を聞くうち、殺されたロバーツの隠された過去が明らかになっていきます。実はロバーツはとあるマフィアのボスでした。ポワロは乗客たちの証言から、アメリカに移住して来たアームストロング一家のひとり娘を誘拐したのはロバーツの差し金であったと確信します。, そして、ロバーツと同じ一等車両に乗り合わせていた乗客たちは皆それぞれ人種も立場も異なり、一見無関係なもの同士に見えますが、実はその誰もがアームストロング一家誘拐事件に関わりのある人物たちであったことがわかります。ロバーツの部屋の隣室に乗っていたのは、ハリエット・ベリンダ・ハバード夫人(ローレン・バコール)。アームストロング夫人の母でした。, ルドルフ・アンドレニイ伯爵(マイケル・ヨーク)はハンガリーの外交官です。その妻エレナ(ジャクリーン・ビセット)はアームストロング夫人の妹でした。また、宣教師であるグレタ・オルソン(イングリッド・バーグマン)は、過去にアームストロング家のひとり娘の世話をしていた人でした。, ドラゴミノフ公爵夫人(ウェンディ・ヒラー)はハバード夫人の親友であり、ラゴミノフ公爵夫人のメイドとして働いているヒルデガルド・シュミット(レイチェル・ロバーツ)は、かつてアームストロング家の調理人をしていました。また、教師をしているメアリー・デベナム(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)はアームストロング夫人の秘書をし、ベドーズはアームストロングのかつての部下であったということがわかります。, マフィアのボスであり悪逆非道を働いたロバーツに対して怨恨の念を抱く人物、それは一等車両の乗客全員であったのです。動機は十分。しかし乗客たちは、他の乗客の証言により皆完璧なアリバイがあります。そこでポワロは、ひとつの推理を導きだします。首謀者はハバード夫人であり、ベドーズがロバーツの部屋の鍵を開けました。, ヘクターがポワロの飲み物に睡眠薬を混入させ、ポワロが寝入っているすきに、アームストロング家にゆかりのある、ロバーツに恨みを持つ人物──すなわち乗客全員が、一撃ずつロバーツのことを刺し、復讐を果たしたのではないかと。ポワロにとってさえ、ロバーツは裁きを受けるに値する行いをした人物でした。ポワロは自分の手で事件を明るみに出すか否か迷い、最終的に、ビアンキに判断を委ねます。, ビアンキは、犯人は車掌服を着た何者かであり、謎の人物がロバーツを殺害したのだと事件の全容を捏造します。ハバード夫人たちは祝いの杯を交わし、長らく足止めを食らっていたオリエント急行は、ゆっくりと再び動き始めたのでした。, 以上、オリエント急行殺人事件」1974年版のネタバレあらすじを見てきました。豪華キャストが勢ぞろいしているとして名高い「オリエント急行殺人事件」1974年版ですが、どんなキャストが出演しているのでしょうか。ひとりひとり丁寧に見て行きましょう。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版キャストとして、まず、主演は、アルバート・フィニー。デビュー作は1960年の『寄席芸人』でした。過去に5度もアカデミー賞にノミネート、3度ゴールデングローブ賞を受賞している大物俳優です。アルバート・フィニー演じるエルキュール・ポワロは、大柄で華のあるアルバートの魅力がふんだんに発揮され、どこか明るくとっつきやすい印象です。, アガサ・クリスティー原作の「名探偵ポワロ」シリーズでは、ポワロは高慢な小男ながら、頭脳明晰な探偵という設定。ベルギー出身の探偵で、ベルギーの公用語であるフランス語を話すことからフランス人に間違われると、機嫌を悪くする姿も原作のシリーズ中には見受けられます。, ネット上では、アルバート・フィニーは原作に比べてやや堂々とした佇まいがすぎるという意見もありましたが、今作「オリエント急行殺人事件」1974年版ではスター映画作品として、見事に気難しい探偵役を演じ切っているという声も。原作のエルキュール・ポワロ役は、過去にオースティン・トレヴァーやピーター・ユスティノフ、ケネス・ブラナーなど数々が名優が演じ、原作を元にした多くの映像化作品が作られてきました。, 中でももっとも有名なのが、1989年から2013年まで長期に渡りITVで制作・放映されたデヴィット・スーシェによる原作のドラマ化シリーズ。, 出典: http://educate-inform-entertain.eklablog.com, 日本でも吹き替え版が放映され、親しみを覚えている人も多いこのシリーズです。アルバート・フィニー版とそのほかの俳優たちが演じたエルキュール・ポワロの違いを、ぜひ見比べて確かめて見てはいかがでしょうか。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版キャストから、被害者であり、乗客全員から恨みを買う憎まれ役を演じるのは、往年の大スターリチャード・ウィドマーク。アメリカ出身で、『死の接吻』に殺し屋トミー・ユードー役で出演後、アカデミー助演男優賞候補にノミネート。敵役として売れましたが、のちに幅広いジャンルの映画に出演し、演じる役どころも悪役ばかりでなく幅広い人物像を演じる役者として大成していきます。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版キャストとして、殺されたロバーツの秘書兼通訳の青年を演じているのは、アンソニー・パーキンス。1960年にアルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」で主演を務め、鮮烈な印象を観客に与えました。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版は、パーキンスが出演した映画としては久々の超大作映画。1980年代には監督として躍進を図ります。, 1974年版をはじめとし、数々の監督、主演により繰り返し映像化がされているアガサ・クリスティーの傑作「オリエント急行殺人事件」。1974年版の「オリエント急行殺人事件」と、最新の2017年版はどのように違うのでしょうか? それぞれの違い、良い点などを整理して見ていきましょう。, 「オリエント急行殺人事件」原作の映像化作品としては傑作との声もある1974年版ですが、オールスター映画としての色合いが強く、そのため明るいテイストの作風となっています。例えばBGMも、最初と最後が明るい曲調の楽曲が使用されているなど。2017年版では対照的に、終盤に向かうにつれて重厚な音楽が流れていきます。作り手によって作品の解釈がガラリと変わるのも、映像化作品の魅力の一つです。, また、「名探偵ポワロ」原作の顔ともいうべき、エルキュールポワロを演じるキャスト、その出で立ちも、1974年版と2017年版では異なる部分が目立ちます。1974年のアルバートフィニーは、キッチリ撫で付けられた黒髪に巻き髭という出で立ちでした。他の俳優が演じるポワロ像でも、しばしば見かける髪型・スタイルです。, 一方、2017年版のポワロを演じたケネス・ブラナーは、白髪混じり・オールバックの髪に、1974年版に比べてずいぶんと豊かな口ひげを蓄えた姿が印象的。この口ひげについて、ケネス・ブラナーは2017年版の作り手としてのこだわりを話しています。原作版のポワロでは、その口ひげについて「巨大」あるいは「威厳に満ちた」といった表現がなされているのだそう。, さらに、アガサクリスティーが1974年版のポワロの口髭を見たとき失望していた、というエピソードを取り上げ、アルバート版よりも巨大な口髭が必要だという考えに至ったのだそう。また、ケネスの意見では、ポワロの口髭は、見た人がその口髭を小馬鹿にし、探偵としての実力を過小評価させることによって仕事をしやすくする効果を狙ってのものだと、2017年版やの独自の考えについて語っています。, また、1974年版と2017年版の設定上の大きな違いといえば、1974年版とは違い、2017年版はポワロ自身がアームストロング一家誘拐殺人事件にかかわった当事者であったという改変がされている点です。演出上、1974年版はアームストロング一家の事件から話がスタートしていることに比べ、2017年は発端の事件については後々まで明かされないまま物語が進みます。, また、2017年版のポワロは愛する人の写真に語りかけたり、アクションまでこなすなど、1974年版を含めた過去のポワロ像に一石を投じるようなユニークな脚色がされている点も特徴となっています。, では、「傑作」と名高い「オリエント急行殺人事件」1974年版と、アガサクリスティーの原作小説「オリエント急行殺人事件」の違いはどのようなものなのでしょうか。1974年版、あるいは2017年版を見て原作にも興味が出てきた、という方のために、その違いを解説して行きます。, アガサクリスティーの原作「オリエント急行殺人事件」は、どちらかといえば重い雰囲気の内容となっています。また、話の展開としては、さほど大きなアクションもなく、ショッキングな方法で殺された被害者の謎を名探偵が暴くため、乗客ひとりひとりに取り調べを行っていくというもの。「ポワロ」シリーズは、トリックというよりも人間描写が魅力の作品。, 「オリエント急行殺人事件」でもその魅力は健在で、この人物には動機があるのか、あるいは過去にどんな体験をしてきたのかといった、人間描写に多くが割かれています。特にこのオリエント急行殺人事件では、乗客誰もが殺意を抱くに十分な動機を抱いていたという、人間心理がキーとなる作品。人間ドラマとしての比重が大きいのです。, そんな「オリエント急行殺人事件」を映像化するにあたり、映画版ではそれほど重苦しくならないよう、とっつきやすいテイストで作られている点が特徴です。また、「オリエント急行殺人事件」1974年版はスター映画という側面が強く、往年の名優たちがこぞって出演している本作は、それだけで華やかな印象になっています。また演出上の違いとして、観客がより理解しやすいように作られている点も挙げられます。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版は、そもそもの発端となったアームストロング一家の誘拐事件の顛末を、まずはじめに説明してしまうことによって、観客が順を追って話を理解できるように、また事件の真相があかされた際、すんなり理解することができるように配慮された構成となっています。そのため、画面的に動きが少ないとしても、観客が退屈せずに済む演出となっています。, 「オリエント急行殺人事件」1974年版に対する評価として、一見とっつきにくくわかりにくい「オリエント急行殺人事件」のエピソードが、映画版では万人向けに生まれ変わっているために「傑作」と言われているといったものもありました。その他には、アルバートフィニーのポワロがやや原作からかけ離れすぎていて、あまりに鼻持ちならない男として描かれすぎだ、という感想も。, 過去に何度も映像化がされてきた「オリエント急行殺人事件」ですが、その他のバージョンはどんなものがあるのでしょうか。例えば、1989年から2013年まで長期に渡りITVで制作・放映されたデヴィット・スーシェによるドラマ化シリーズの例を見て見ましょう。このテレビドラマのシリーズは「最も原作に近い映像化」とも言われ、ファンも多いシリーズです。, 原作の「オリエント急行殺人事件」は、ポワロシリーズの第9作目にあたる作品。一方、ITV版のシリーズでは最終シリーズまでオリエント急行の映像化は残されていました。ITV版でポワロを演じたデヴィット・スーシェは、エルキュールポワロを演じるにあたり徹底的な役作りをしたことで知られています。例えば歩き方一つとってもどのように歩くのかなど、細かい動作ひとつひとつを熟考し、研究しました。, ITV版のポワロはあまりに長く続いたシリーズであったため、シリーズを重ねるごとにエルキュールポワロの人となり、人生観や孤独といったテーマが徐々に描かれるようになって行きます。当初のシリーズでは頻繁に登場していたヘイスティングス(ポワロが「モナミ(友よ)」と呼びかけることでも有名)も、のちのシリーズにはあまり登場しなくなって行きます。, 出典: http://investigatingpoirot.blogspot.com, 過去のあらすじにはポワロが想いを寄せた女性なども登場しますが、それでもポワロは基本的に、生涯孤独の身というあらすじ。そんな彼の孤独と、正義とは、「裁き」とは何か、といった重厚なテーマの作品に仕上げたのが、ITV版の「オリエント急行殺人事件」でした。デヴィットスーシェ版のポワロは愛嬌たっぷりの振る舞いで有名ですが、「オリエント急行殺人事件」のあらすじの中では、思い悩む表情をよく見せています。, 正義とは、「裁き」とは何か、といったITV版ポワロの重厚なあらすじは、その後シリーズの完結作となる「カーテン」という作品にて、ポワロが死に直面した際に下すあらすじにもつながるテーマとなっています。原作・1974年版・ITV版・2017年版と、それぞれに異なるあらすじの「オリエント急行殺人事件」の魅力を、ぜひ見比べて確かめてみてはいかがでしょうか。, さてここまで、「オリエント急行殺人事件」1974年版のネタバレあらすじ、2017年版や原作、他の映像化との比較を通して解説してきました。他の映像化に比べても見やすく、あらすじもわかりやすい傑作との呼び声も高い「オリエント急行殺人事件」1974年版。ポワロシリーズビギナーの方はぜひ、ここから名作の世界に足を踏み入れてみるのも良いでしょう。, オリエント急行殺人事件・1974年版のあらすじは?2017年版や原作とも比較のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 「オリエント急行殺人事件」は世界中に多くのファンを持つミステリーの女王、アガサ・クリスティの小説が原作です。2017年公開の「オリエント急行殺人事件」は監督と主演を英国の俳優ケネス・ブラナーが務める他にミシェル・ファイファーら豪華な俳優陣と共に話題になり、世界中で大成功を収めました。オリエント急行殺人事件のあらすじや結, 映画『オリエント急行殺人事件』オフィシャルサイト。2018年4月4日(水)先行デジタル配信。2018年5月2日(水)ブルーレイ&DVDリリース。全世界大ヒット!傑作ミステリーを超豪華キャストで描くゴージャスなエンターテイメント 列車内で起きた殺人事件——。容疑者は乗客全員, http://educate-inform-entertain.eklablog.com, 映画『オリエント急行殺人事件』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント.

ゲノセクト 入手方法 Bw 4, ポケモンgo パスワード 例 4, 町田ゼルビア チケット 2020 4, Paradox 歌詞 花鋏 6, 虫コナーズ 効果 2019 4, 栗林 さ み でかい 11, マツダ 社員 コロナ 5, ドラクエ10 キャラデリ 復活 21, 田中樹 ファン ブログ 13, 櫻葉 ブログ 妄想 34, 犬 術後服 着せ っ ぱなし 6, ポケモントレーナー イケメン ランキング 16, ビリヤード コツ 角度 4, 東大 工学部 成績評価 17, 三浦友和 山口百恵 恋愛 4, 三浦友和 山口百恵 恋愛 4, 乃木坂工事中 ヒム子 動画 8, 七夕祭り 歌詞 童謡 8, 納品 管理 スプレッドシート 31, りんごの泪 歌詞 意味 6, アイマス 新作 続報 35, 花より男子 美作あきら 母 15, 7days To Die クロスボウ 作れない 33, 賭博覇王伝 零 続編 20, 佐々木主浩 長女 玲奈 Twitter 38, 春待つ僕ら キャスト 年齢 6, 人間失格 古屋兎丸 Zip 14, 職場 好きな人 会いたい 6,