セッション管理の 不要 な アプリケーション xss対策 39

セッション管理の 不要 な アプリケーション xss対策 39

例えば、HTMLはタグの記述に「< 」「>」という記号を用いるとき、このままではブラウザは「タグ」として認識します。, そこで、「<」「>」という特殊な表記法に置き換えることで、「< 」「>」を文字列として認識させることができます。, 脆弱性防止の観点からエスケープ処理が必須となるのは、下記項目のような文字列等です。, なお、対象となる出力処理はHTTPレスポンスへの出力に限りません。JavaScriptのdocument.writeメソッドやinnerHTMLプロパティ等を使用して動的にWebページの内容を変更する場合も、同様の処理が必要です。, URLには、「http://」や「https://」から始まるものだけでなく、JavaScriptを実行できる「javascript:」の記述で始まるものもあります。, Webページに出力するリンク先や画像のURLが、外部からの入力に依存する形で動的に生成される場合、そのURLにスクリプトが含まれていると、クロスサイトスクリプティングが可能となる場合があります。, たとえば、利用者から入力されたリンク先のURLを「」の形式でWebぺージに出力するWebアプリケーションは、リンク先のURLに「javascript:」等から始まる文字列を指定された場合に、スクリプトを埋め込まれてしまう可能性があります。, スクリプトが挿入されないように、URLには「http://」や「https://」から始まる文字列のみを出力する「ホワイトリスト方式」で実装してください。, Webページに出力する要素の内容が、外部からの入力に依存する形で動的に生成される場合、任意のスクリプトが埋め込まれてしまう可能性があります。, 危険なスクリプトだけを排除する方法も考えられますが、危険なスクリプトであることを確実に判断することは難しいため、要素の内容を動的に生成する仕様は、避けることをお勧めします。, CSSには、expression関数等を利用してスクリプトを記述することができます。そのためサイトに置かれたCSSを取り込めるような仕様にしておくと、生成するWebページにスクリプトが注入されてしまう可能性があります。, CSSの内容を都度チェックし、危険なスクリプトを排除する方法も考えられます。しかし、手間がかかり、確実に排除することは難しいため、CSSを外部から指定可能な仕様は避けましょう。, 入力されたHTMLテキストに対して構文解析を行い、「ホワイトリスト方式」で許可する要素のみを抽出します。ただし、これには複雑なコーディングが要求されます。また、処理に負荷がかかるといった影響もあるため、実装には十分な検討が必要です。, HTTPのレスポンスヘッダのContent-Typeフィールドには、「Content-Type:text/html;charset=UTF-8」のように、文字コード(charset)を指定できます。, この指定を省略した場合、ブラウザは、文字コードを独自の方法で推定して、推定した文字コードにしたがって画面表示を処理します。, たとえば、一部のブラウザにおいては、HTMLテキストの冒頭部分等に特定の文字列が含まれていると、必ず特定の文字コードとして処理されています。, Content-Typeフィールドで文字コードの指定を省略した場合、攻撃者がこの挙動を悪用して、故意に特定の文字コードをブラウザに選択させるような文字列を埋め込んだ上、その文字コードで解釈した場合にスクリプトのタグとなるような文字列を埋め込む可能性があります。, そのため、Content-Typeの出力時にcharsetを省略することなく、必ず指定しましょう。, WebアプリケーションやWebページを作る人にとっては、使用するユーザーの情報を守るために知っておくべきことです。, 自身が作ったサービスが悪用されないよう、セキュリティ対策はしっかりとやりましょう。. ②htmlタグやJavaScriptなどのスクリプトが入力された場合、その内容をそのまま実行してしまう, 例えば、郵便番号の入力では、数字以外は入力を許可しないような作りにしておけば、スクリプトを入力されることはできなくなります。, また、文字種の制限ができなくても、入力値の長さに制限があれば、クロスサイトが可能となるスクリプトを埋め込むことをある程度制限することが可能です。, その場合、入力値の制限は必ずサーバ側で実行しましょう。なぜなら、ブラウザ側でJavaScriptを使い入力チェックを行う方法の場合、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策としてではなくユーザのチェック用としてしか機能していないためです。, ブラウザ側での入力値の制限だけでは、実行前の画面を、入力チェックスクリプト部分を無効化した内容に修正して、その画面で実行することが可能なためクロスサイトスクリプティング(XSS)の対策としては不十分です。, クロスサイトスクリプティング(XSS)はフォームに実行可能な文字列を挿入することで、悪意のある操作を実行するものです。, 例えば<script>〜</script>という文字列を含む場合は、JavaScriptなどのスクリプトが実行されます。このように、スクリプトが必要とする&,<,>,”,’の5文字の特殊文字に着目します。これらをそのまま画面に表示する文字列となるように置換(エスケープ)します。このようにすれば、スクリプトが入力されても、画面にはスクリプトのソースが表示されるだけで、攻撃者が意図する画面が表示されなくなります。, しかし、この手法はスクリプトの実行を阻止しているだけで、結果としては攻撃者からの攻撃をかわしているだけです。, さらにこの攻撃自体を防御することで、防御を強固にしたいところです。その場合、WAFが必要となります。, 万が一Webアプリケーションの入力チェックに漏れがあり、クロスサイトスクリプティングが可能となるような作りになっていたとしても、WAFがあれば防御することが可能です。 以上のことから、クロスサイトスクリプティング(XSS)が起こる原因は以下の2つであるといえます。, ①入力値が制限されていない 例となる掲示板アプリケーションは、以下のような処理の流れを想定します。, ①投稿内容を入力するページが表示され、ユーザが投稿内容を入力し、「確認」ボタンをクリックする。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Webアプリケーションに不正なスクリプトを実行させる攻撃手法ひとつに、クロスサイトスクリプティングがあります。, クロスサイトスクリプティング(Cross Site Scripting:XSS)は、動的処理を実行するWebアプリケーションや、Webページの脆弱性を悪用し、個人情報などを不正に取得します。, ここでは、クロスサイトスクリプティング(XSS)とは何か、仕組みや攻撃手法、被害に遭わないための対策方法について解説します。, クロスサイトスクリプティング(略称、XSS)とは、ブラウザ上においてサイト管理者の意図しないHTML(スクリプトも含む)を組み込まれる攻撃手法です。, Webサイトの動的なHTMLやJavaScriptに、悪意のあるHTML(スクリプト)を埋め込み、閲覧者が入力した情報を意図しない別のサイトに送信することが可能です。攻撃者は、Webサイトの脆弱性を利用し不正なコードの文字列を挿入します。, Webサイトの一部に不正なコードを挿入するのですが、管理者はWebサイトが改ざんされることに気づきにくく、閲覧したユーザーが影響を受ける可能性は高くなります。, クロスサイトスクリプティングの本質的な問題は、外部からWebサイトにHTML(スクリプト)を挿入できてしまうことです。 クロスサイトスクリプティング(xss)はwebアプリケーションへのサイバー攻撃手法として代表的な攻撃の1つですが、クロスサイトスクリプティング(xss)は対策を行うことで危険を回避することができます。今回はクロスサイトスクリプティング(xss)の対策方法について解説していきます。 WAF(Web Application Firewall)についてはこちら, 現代では、ウェブサイトの運営をするにあたりXSS攻撃への対策は必ずしておく必要があります。脆弱性があるサイトは、攻撃者にとっては都合の良い攻撃対象となってしまいます。仮に攻撃を受け、サイトの利用者に被害が出てしまった場合は、信頼の損失にもつながりかねません。この記事を参考に、XSS攻撃の内容などを理解し、対策の準備に役立てていただければ幸いです。, 【わかりやすい】 常時 SSL 化とは?未導入の問題点、有料のSSL証明書選択と導入方法, 「KUSANAGI」の仕組みとは?WordPressを簡単スマートに高速化できる仮想マシン徹底解剖!, 万全のセキュリティと品質にこだわり、低価格・シンプルなレンタルサーバー/クラウドサービスを提供しております。, 前回第3回の記事では、複数のコンテナを組み合わせて一つのサービスを構築する手順を紹介しました。コンテナの組み合わせ次第で必要な環境を構築したり、新しく作ったコンテナと既存のコンテナを組み合わせることで…続きを読む, 昨今ではビジネスの現場でDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、 「アジャイル開発が必要」という話をよく聞くようになりました。アジャイル開発とは、これまでよく使われていたウォーターフォ…続きを読む, 連載順に読み進めていただいている場合、前回までの連載で、クラウド上の仮想専用サーバーに Docker環境の構築が完了しているかと思います。 今回の連載第3回目では、まず Docker がどのように動い…続きを読む, 【VPS活用】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード&インストールまでを画像で解説!~前編~, 【最新】初心者必見! Linuxディストリビューション用途別おすすめ10選(2020), 攻撃者がXSSの脆弱性があるA社のサイトを見つける。次にA社のユーザーがよく閲覧するようなサイトの掲示板へ罠を仕掛ける, ユーザーのパソコンにスクリプトの情報が保存された状態で、仕掛けられたリンクからA社のサイトへ移動する※クロスサイト, ユーザーは悪意のある第三者により個人情報が奪われたり、マルウェアを感染させられたりする。. xss対策1で説明したエスケープ処理だけでは、クロスサイトスクリプティング(xss)対策は不十分です。その理由はutf-7によるxss攻撃があるからです。utf-7によるxss攻撃とは文字コードを指定していないサイトに対して、utf-7で書かれたスクリプトでxss攻撃を行うことを言います。 XSSでは、この例で示したように複数のサイトをまたいだ攻撃が実行されます。そしてXSSに対して脆弱性があるサイトに、スクリプトが埋め込まれてしまうところから攻撃が始まっているのです。, XSS攻撃による被害は数えきれないほど報告されています。小さな企業のサイトを狙ったものだけでなく、世界中を巻き込んだ大ニュースになったものもあります。, その1つが数年前にTwitter上で展開されたXSS攻撃です。この攻撃では、Twitterのタイムライン上に罠が仕掛けられ、ユーザーは該当のツィートをマウスオーバーしただけで、埋め込まれたスクリプトが実行されてしまう状態でした。そしてこのスクリプトが実行されると、スクリプトが埋め込まれた(罠が仕掛けられた)ツィートを勝手にリツィートしまい、それがフォロワーに広がりました。, そのほか、世界中でニュースになったXSS攻撃の事件としては、有名な動画共有サイト「YouTube」での事例があげられます。この事例では、YouTubeのコメント欄に存在した脆弱性を狙いXSS攻撃が行われてしまいました。コメント欄に罠が仕掛けられ、それを閲覧したユーザーのブラウザでは、コメントが表示されなくなったり、デマのニュースがポップアップされたり、はたまた悪趣味なウェブサイトへリダイレクトされるなどの被害がありました。, この2つは実害のない事件のようにも見えますが、実害が生じかねない攻撃が行われた事例もあります。その1つがオークションサイト「eBay」を標的としたXSS攻撃の事例です。この事例では、eBayの出品リストのなかに攻撃用のスクリプトが埋め込まれ、ユーザーが閲覧すると偽のログインページが表示されました。このときユーザーがID・パスワードを入力するとその情報が攻撃者に盗まれてしまうことになります。結果、攻撃者がそのユーザーのID・パスワードを使ってeBayを不正に利用することができたわけです。, このように、XSS攻撃による事例はさまざまあります。ウェブサイトの管理者は有効な対策をしておかなければなりません。, XSS攻撃による被害も、その時々でさまざまです。以下、XSS攻撃による主な被害の例を簡単に紹介します。, 事例でも紹介した被害の例です。不正なスクリプトが仕込まれたページを閲覧すると、勝手に正規のサイトを模した偽サイトへ移動してしまい、気づかずIDとパスワードなどを打ち込むとその情報が攻撃者に盗まれてしまうというものです。攻撃者は盗んだID・パスワードを使いユーザーのふりをしてサイトを利用できる状態となります。たとえばショッピングサイトなら、ユーザーのふりをして商品を購入できてしまうわけです。正規のショッピングサイトに偽装しクレジットカードの情報を入力させて、その情報を盗むといった例もあります。, ウェブサイトを閲覧する際には、cookieという個人情報のデータが利用されることがあります。cookieにはユーザーのさまざまな個人情報が保存され、なかにはID・パスワードなどの重要な情報も含まれています。, 本来cookieは、対象のサイトで一度ID・パスワードを入力すると、2回目以降は自動的に入力されるなど、ユーザーの利便性をあげるものです。しかしながらXSS攻撃によりスクリプトが埋め込まれたページを閲覧することにより、このcookie情報が盗まれてしまうことがあるため、取り扱いの注意を必要とする情報ともいえます。またセッションハイジャックとは、Cookieを盗む攻撃手法をさします。, XSS攻撃によって対象のウェブサイトが書き換えられてしまう(改ざんされてしまう)ことがあります。そのサイトのサービス提供の妨げになるような改ざんだけでなく、ユーザーをマルウェアに感染されることを目的とした別のウェブサイトへ誘導するような改ざんの例も多いです。, それではXSS攻撃による被害を防ぐために、ウェブサイトの管理者はどのような対策をうつべきでしょうか。もちろん大前提として利用しているウェブサーバーやアプリケーションを最新の状態に保つことは必須です。それにあわせ以下にあげる代表的な3つの対策を行うことで、XSS攻撃を受ける危険性を大幅に軽減することができます。, XSS攻撃では、サイトへ不正なスクリプトを埋め込もうとします。これを防ぐのが入力値制限の目的です。たとえば郵便番号を入力するフォームでは、数字以外の文字種を入力できないように制限します。, そのほか、ID・パスワードを入力するフォームでは半角英数字●文字までしか入力できないなどの制限をしておきます。このように、入力内容に応じて入力値を制限することが重要です。なお文字種の制限が難しいフォームでは、入力可能な文字数を制限するだけでも効果があります。, なお入力値制限で注意が必要なのは、サーバー側での制限をしなくてはならないということです。入力値の制限は、JavaScriptを使ってユーザーのブラウザ側で行わせる方法もあります。けれどユーザーがJavaScriptを無効にしていれば、入力値の制限が行われないのでXSS攻撃の対策にはなりません。, サニタイジング(エスケープ)とは、サイトのフォームなどへスクリプトの構成に必要となる文字が入力された場合に、その文字を別の文字へ書き換えてしまう手法のことです。これによって、仮に攻撃者がスクリプトを埋め込もうとしても無効化することができます。, サニタイジングすべき文字は環境によって異なりますが、代表的な例として以下があります。, WAF(Web Application Firewall)とは、簡単にいうとウェブアプリケーション専用のファイアウォールです。ファイアウォールといえば、ポート番号やIPアドレスなどにより攻撃を防御するネットワークレベルのファイアウォールの方がよく知られています。ですがネットワークレベルのファイアウォールでは、掲示板などで入力された内容までチェックはしません。そこでWAFが必要になるということです。, WAFは、Webアプリケーションに対する通信内容をチェックし、疑わしい内容があればブロックすることが可能です。WAFはネットワーク機器の1つとして配置するタイプや、サーバーにインストールして使うソフトウェアタイプなどがあり、環境にあったものを利用します。最近ではWAFが利用できるレンタルサーバーも多くなっています。サーバーの設定などにそれほど詳しくない管理者の方は、そういったサービスを利用するのも良いでしょう。, ※カゴヤの共用レンタルサーバーでは、WAFを標準搭載しています。詳細は以下URLをご覧ください。 document.write(aaa); と実装してしまうと、HTMLのソースとして 要素内容の動的な生成は、安全な形でエスケープするのは非常に難しいため、動的に生成しないようにしてください。, どうしてもシステム要件として動的に生成する必要がある場合には、「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方」にエスケープ方法が載っていますが、かなり難易度が高いことがわかると思います。, XSS の保険的対策としては以下のものがありますが、完全に XSS を防ぐことはできないことに注意してください。, &<>”’ などの危険な文字列が入力された場合に、エラーとしたり該当文字を削除する方法です。ですが、画面以外で作成された値には対応できません。, XSS は JavaScript で Cookie にアクセスしようとしますが、Cookie に HttpOnly 属性が付いている場合は JavaScript からはアクセスできません。但し、HttpOnly 属性は全てのブラウザで対応が同じではないことに留意する必要があります。, XSS の脆弱性がある場合に、TRACE メソッドが有効だと、クロスサイト・トレーシングという攻撃が成立し、HTTP リクエストヘッダーの内容を取得されてしまいます。Cookie に HttpOnly 属性を付けていても、HTTP リクエストヘッダーには Cookie は含まれるため、Cookie の漏洩を防ぐことができません。, Webアプリケーションセキュリティに関する記事は、以下のページにまとまっています。ぜひご確認ください。. 例えば、ウェブアプリケーションが入力したデータ(フォーム入力など)を、適切にエスケープしないまま、HTML上に出力することにより、入力値に存在するタグなどの文字が、そのままHTMLとして解釈される。 今回のプロジェクトでは徳丸本を参考にセキュリティに配慮した実装方法になっています。SSL導入からCSRFとXSS対策、セッション使用の注意点など。そして、Ajaxアプリケーションの画面遷移は、ステートマシンのライブラリを使用して実装します。 ユーザーは、格納されている情報を要求するときに、サーバから悪意のあるスクリプトを取得し、実行してしまう。, Reflected attacksとは、リクエストの一部としてサーバに送信された悪意のあるコードが、エラーメッセージ、検索結果、その他いろいろなレスポンスからリフレクションされることである。 未初期化のセッションIDが送信されても、そのIDを受け入れてしまう 2. ブラウザにHTMLソースとして解釈させるよう出力するので、XSSの脆弱性が生じる。以下に例を示すが、 このような実装は決して行わないこと。, 出力結果をソースだけ確認するとエスケープできているように見える。 ');<\/script>", "alert("[(|output is ${warnCode}.|)]")", "alert("output is "); alert('XSS Attack!'); //.")", "alert("output is \"); alert('XSS Attack!'); \/\/.")", Macchinetta Server Framework (1.x) Development Guideline 1.7.0.RELEASE documentation, Tutorial: Using Thymeleaf -Unescaped Text-, Tutorial: Using Thymeleaf -JavaScript inlining-, HTMLエスケープ用のJavaScript関数を用意し、document.write()の引数をエスケープする。.

怒り ロケ 地 勝浦 5, センテンス テスト と は 12, Jw Library 現在このコンテンツを利用できません 14, ジオン軍 モビルスーツ ランキング 5, Ark ラグナロク 緑オベリスク 拠点 59, ユン ジュヒ 画像 5, News 歌詞 いい 9, Rpg ツクールフェス 作品 感想 15, 体系的に学ぶ 安全なwebアプリケーションの作り方 目次 4, ポケモン サンムーン ハピナス 育成論 36, ロマサガ2 ジェラール 年代ジャンプ 26, 岸優太 佐藤勝利 プリクラ 20, 金スマ 出演者 女性 44, 金田一少年の事件簿 学園七不思議殺人事件 動画 9, Akb 公演 過去 9, 北ガス 小島 監督 退任 27, Front Desk Clerk 意味 21, 金八先生 鶴本直 ネタバレ 5, 福満しげゆき 妻 Twitter 4, 森永 家 ラジオcm 14, アメーバ 分裂 核 19, Db 物理名 命名規則 11, タマホーム 見積もり 2020 4, 九州新幹線 Cm なぜ泣ける 17, Teams チャネル メンバー追加 6, ヘキサギア ビアンコ レビュー 20, あつ森 母の手作りケーキ 誕生日じゃない 14,