マヤ 真澄 婚約 29

マヤ 真澄 婚約 29

真澄はマヤを見つめて、しずやかに口にした。 「マヤ、俺が紫のバラの人だ…。」 「速水さん…!」 マヤは迷わず真澄の胸に飛び込んでいった。 聖はそれを見届けて、そっと別荘を後にした。 「マヤ、きみは俺を許してくれるのか…?」 マヤは真っ赤になってぷいと顔を背けた。 そんな姿に笑いながら真澄はマヤの肩に触れる。 「部屋に戻ろう。今夜はゆっくり眠るといい」 そう言って真澄はマヤを屋敷の中に促した。 「俺は隣の部屋にいる。鍵はかけずにいるから。 何かあれば呼んでくれ」 大手芸能事務所である大都芸能の社長。大都グループ総帥・速水英介の養子。能力・容姿共にすぐれた辣腕経営者。北島マヤとの関係が深い男性。, 旧姓・藤村。建設会社の現場主任の子として生まれたが、2歳の時に父が事故死したため、母の文(あや)は速水家の住み込み家政婦となった。幼少の頃から活発かつ聡明であったため、後継者のいない速水英介の目に留まり、母の再婚によって速水家の養子となる。それ以後は後継者として徹底した帝王学を叩き込まれて育つ。しかし英介からはまったく愛情を注がれず、薄幸な幼少時代を送ってきた。, 幼少期に身代金目当てで誘拐された際は父に見捨てられ[1]、屋敷が火事になった際は、大切にしていた『紅天女』の舞台道具ばかり気にかけ、それらを身を挺して持ち出し重傷を負った母を気にかけることすらない父の姿を目の当たりにする。父のそんな数々の薄情な仕打ちに対し、密かに復讐心を募らせていく。そして『紅天女』を守って重傷を負った母の死をきっかけに、父が築き上げてきた会社の全てと、父が何よりも生きがいにしている『紅天女』をこの手で奪いさろうと決意する。以来、年相応の感情や人らしい愛情の一切を仮面の下に封じ込め、英介の施す英才教育を進んでこなし学問・スポーツともに優れた青年に成長する。その後、父の後継者として大都芸能の社長の座に付き、やり手の若社長として采配を振るい始める。, 社長としての有能さに加え、容姿端麗な姿から女性に好意を寄せられることが多いものの、愛情の薄い幼少期を送ってきたため他人に対して心を閉ざし純粋に人を愛することができず、会社のためならば強引な手段で相手を陥れることすら厭わない冷酷な性格になってしまった。『紅天女』の上演権を狙う際にも、上演権をもつ月影千草および月影が率いる劇団つきかげに悪質な嫌がらせを仕掛けており、嫌がらせの現場を目撃されたことでマヤに嫌悪されるようになった。, 月影に接触するうち、彼女が後継者として育てている北島マヤの演技にかけるひたむきさに心打たれ、素性を隠して、一ファンとして支援する。マヤへの手紙にはいつも紫の薔薇を添えている。, マヤと初めて出会ったときは、彼女への恋愛感情を認めようとはしなかったが、次第に自覚せざるを得なくなる。しかし、劇団つきかげに対する上記の嫌がらせに加え、マヤの名を売るために結果として彼女の母を死に追いやったことにより、マヤに激しく憎まれていると思い込んでいるため、本人がマヤとのつながりが切れることを怖れ、「紫のバラの人」の正体や彼女への愛情を秘密にしている。また彼女より11歳年上であることにも躊躇を感じている。彼の想いを知るのは、秘書の水城冴子と直属の部下の聖唐人だけである。, 一方、英介の意向により鷹宮紫織との縁談を勧められ、婚約した。紫織と結婚するつもりでいても、心の底ではマヤをあきらめきれない。マヤの前にいるときは平然としてふるまうが、一人でいるときには荒れる。また、マヤとの絆の象徴である紫の薔薇には今なお深い思い入れがあり、紫織が花屋で何の悪気もなく紫の薔薇を所望した時には、無意識のうちに怒る。, やがて、アクシデントから紫織が真澄と過ごすために予約した豪華客船でマヤと一晩過ごし、その際にマヤへの恋心を素直に認め、マヤと思いが通じあう。これを機に、紫織に対して「性格の不一致」から破談を申し入れたが、そのショックで紫織が自殺未遂を起こし心を病んでしまったため、より一層、苦しい立場に追い込まれていく。思いつめた彼は紫織を追い込んだ責任から彼女の祖父の懇願を受け入れて紫織との結婚を再び承諾してしまう。しかし、部下の聖の説得を受けて自分の気持ちに正直に生きようと思い立ち、「『速水英介の息子』という名の部下」という立場と決別して家を出た。そして、「紫のバラの人」としてマヤと向き合うことを決心する。, アニメ第1作 - アニメ第2作 - OVA - テレビドラマ - ガラスの仮面ですが(スピンアウト作)- 3ねんDぐみガラスの仮面(スピンアウト作), Promise | zero | ガラスの仮面ですが 〜Another myself〜, 美内すずえ - 花とゆめ - エイケン - 東京ムービー - 日本テレビ - テレビ朝日 - テレビ東京 - テレビ大阪 - 日本テレビ制作月曜夜7時台枠のアニメ - 月曜ドラマ・イン, 自力で逃げ出して事なきを得たが、この出来事がきっかけで他人に対して心を閉ざしてしまう。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=速水真澄&oldid=79688594. ‚»‚ê‚Å‚àAƒ}ƒ„‚͍Ōã‚Ì—Í‚ðU‚èi‚Á‚āA^Ÿ‚̘r‚Ì’†‚©‚ç–³—–”ò‚яo‚½B ‚悤‚ɐº‚ō‚°‚éB

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@‚‚­, yŒã‘‚«z 「お忙しいのにお呼び立てして申し訳ありません。お互いの家での話し合いは何かと憚(はばか)られますでしょう? ですから、親しくしている友人にお願いしてここを借りました。別宅だとかで、普段は使っていないんですって」真っ白な壁と大きなガラスを使用した窓が目を引く、先進的なデザインの建物。その一階にあるリビングの、庭に向けて開かれたガラスドアに身を寄せて紫織は立っていた。訪れた真澄を一瞥し、すぐに外へと視線を戻す。その顔には試演前とはまるで異なる、穏やかな表情が浮かんでいた。突然、形だけの婚約者から連絡のあったのはマヤと再会する半月程前。真澄が申し出た婚約解消に紫織本人は頑として応じず、両家の関係は宙ぶらりんのまま時が流れていた。その間、名家の名と財力、政治力の下、権力を一手に掌握していた鷹宮翁が病に倒れ、あっけなくこの世を去っていた。当然、その後を翁の息子である紫織の父が継いだのだが、間もなく様々な問題が一度に噴出し、鷹宮家は翁の死以上の激震に見舞われていた。これまでは、溜まっていた膿を、翁のカリスマ性で何とか抑え込んでいたのだった。これまで幾度もの話し合いの申し入れを断り続けてきた紫織がどういうつもりで呼び出したかわからず、真澄は疑心を持ちながら彼女と顔を合わせていた。「とても素敵なお庭…。あら、あちらにはあんなにお花も咲いて」「…」「こんなおうちで暮らすのもいいわね…」紫織は遠い目をして庭木のある一点に目を転じた。そこには、薄紅色のバラが今が盛りと咲き誇っている。夢見るような表情で独り言を漏らした後、彼女は花を見つめたまま話を始めた。「所詮、私は…鷹宮という家の駒の一つに過ぎません。真澄様以上に、私には自分の人生を思いのままに生きる自由はありませんのよ」「…」ぽつりと漏らされた台詞が何を表しているのかわからず、真澄は身構えた。婚約について言いたいことがあるのだろうという憶測しかその一言からは出来ない。「今まで…あなたの仰る婚約解消に対し、ずっと首を縦に振りませんでした。でも、私を溺愛していた祖父が亡くなったことにより…私は我を通すことが許されなくなりました。あなたもご存知でしょう? 天皇とまで呼ばれた祖父が存命中には表面に表れなかった鷹通グループの問題。それが、今になりどっと溢れ出てきたのを。女には関係ないと知らされずにいた私ですら、一族の内紛や鷹宮が経営する企業の不振といった話を耳にしましたもの」「…」「いかにお祖父様が偉大だったか…。結局、お父様には危機に対処する力量がなかったのね」紫織はそこで言葉を区切り、この日初めてまともに真澄と視線を合わせた。それまでの微笑は消え、真っ直ぐ彼を見つめている。そうやって婚約者の姿を目にしても自分の心に惑いのないことを確認すると、彼女は本題を切り出した。「父が…私の見合い相手を決めたと言ってきました」「え…?」「来週、席を設けるからそれまで体調に気をつけるようにと、きっぱり命じられました。…クス、懐かぬ猛獣は飼い馴らせないけれど、従順で血統正しいペットならご自分でも扱えるとお考えになったのね。お父様は凡庸ではあるけれど、それでもご自分を正しく評価しているからこそ、そういう妥当な結論に達したのでしょう。野心を持つだろうあなたが娘婿になれば、ご自分が操縦することは困難だ、とね」「…」「フフ、こんなことを私が口にするなんて…。それこそ、あなたとお見合いした頃には考えられないわ。乳母日傘(おんばひがさ)で育った世間知らずだったのに…」「紫織さん…」穏やかな表情が少しだけ寂しげに変わる。紫織はふうと息を吐き出し、膝の上の手をもう一方の手で包んだ。まるで溢れ出そうになる感情を堪えるように。「父に…わかりましたと返事をしました。あなたとの結婚という綺麗な夢ばかり見ていましたが、私も父母や鷹宮の家のために、何かしなければと考えるようになったのです。クス、どうです? 私も成長しましたでしょう?」「…」「婚約をね、…取り止めることに同意しますわ、真澄様。そして…あなたのことは何もかも忘れることにします。鷹宮の家と、…私自身のために。フフ、だからね、真澄様もこれで私に負い目を感じないで下さいませ。それをお話ししたくて、あなたにここへ来て頂きました」自尊心もあるのだろうが、それ以上に紫織の朗らかな口調には真澄への気遣いが溢れている。一人の女性としてついに一度として婚約者に愛されなかった彼女は、しかし彼との最後の時間を自分の恨み言で醜いものにするまいと心していたのだ。その場にいるのは、独り相撲の恋に涙する以前の、聡明な紫織であった。彼女は気持ちを整理する時間を相手と自分に与えると勢いよく息を吐き出し、努めて明るく真澄へ問い掛けた。「ところで、真澄様の方は?」「え?」「お二人の交際についてですわ」「…」「フフ、お隠しにならなくてもよろしいのに。あのかた…マヤさんもあなたをお慕いしているのを私、薄々気付いていましたのよ。交際は順調ですか? それとも、もう一緒にお暮しなのかしら」「あ…いいえ。大都芸能の社長職を解かれてからは一度も会っていませんし、連絡も取っていません」「! まあ、私、てっきりお付き合いしていらっしゃるものとばかり…。それでは、まさかとは思うけれど違う女性と…?」「フ…いいえ」紫織の質問に苦笑を漏らしながら否定する。彼は融通の利かない自分自身を嗤(わら)ったのだった。「そうでしょうね。真澄様が…そのように変節されるわけがありませんわね。では、どうして?」「…あなたに赦してもらうまでは、自分の幸せを求めてはいけないと考えていますから」意外な理由に紫織は不意を突かれた。が、彼女はすぐにクスリと息を漏らすと真澄を軽く揶揄した。「ま、悠長なこと。随分と自信がおありなのね。マヤさんが、自分のことを忘れない、という自信が」「いいえ、そうではありません」「?」「会わない間に彼女の心が離れてしまったら、僕はそれ以上彼女の人生には立ち入らないつもりです。…彼女が幸せなら、それで充分なんです」気負いのない、凪いだ瞳。自己の愛を押し付けるのではなく、相手の意思を尊重し、その幸福を優先する。マヤに対する真摯な想いに紫織は改めて感動し、そして奇妙な安寧をも感じた。真澄が恋敵への変わらぬ愛を示している。だが、それを聞いても嫉妬という感情が身の内のどこを探しても見つからない。ただ、真澄の誠実さと、そんな彼を愛した自分を誇りに思うだけであった。「フフ、立派なお覚悟ね! でも、もしそうなったら次の…新しい恋をお探しになる?」「…。いいえ、僕には無理でしょう。何しろ、融通の利かない人間ですから」「クス、でしょうね。真澄様が器用に立ち回れる男性なら、この私をあっさり袖にするわけがありませんもの。鷹宮の一人娘で、フフ、才色兼備の私を、ね!」この一言に、声を立てて笑い合う。紫織の冗談めかした発言が、真澄の胸の閊(つか)えを軽くしていく。「ねえ、真澄様。どうして真澄様はあのかたをお選びになりましたの? 彼女の、どこに惹かれて?」「…」「マヤさんとの間には、その…これまで色々なことがおありなのに…」「さあ…。どこと言われても、実際のところ自分でもよくわからないのです」ようやく真顔になった紫織の問いに、真澄は同じく笑みを収め思案顔になった。「紫織さん、あなたはどの女性よりも美しく魅力がある。それなのに、そんなあなたと同じ時間を過ごしていても、僕は…ふとした瞬間にあの娘の笑顔を思い出していた」「…」「彼女の女優としての才に惹かれたのは勿論です。ですが、それ以上に演劇への、真っ直ぐな情熱や…馬鹿が付くほど素直で正直なところに…。いや、人を恋うるのに確たる理由などないんじゃないかな。己の魂の訴えるまま…気が付くと彼女の面影を追い求めていた」ぽつりぽつりと自分を顧みつつ真澄が告白していく。紫織はそれを聞き、この恋が実ることは初めから決してなかったのだと思い知った。「真澄様に何度も謝罪して頂いたのだから…もっと早くに解放して差し上げるべきでした。待ち続けても、あなたが振り向いてくれないことはわかっていましたのに」「…」「心変わりを責めようにも…あなたの中に私の居場所は初めからございませんでしたものね。ただ、一方的に私がお慕いしただけ…。それでも、あなたの上辺だけの優しさがなければ…こんな修羅の道へ迷い込むことなど…」つい恨み言らしきものが口をついて出る。が、最早真澄に心掻き乱されることのない自己に紫織は気付いていた。同時に、その心境に辿り着くにはやはりそれなりの時間が必要だったことにも。小さな沈黙が紫織の哀しみと共に滑り落ちていく。それが床で弾けて消えていくのを見届けると、彼女は元の、涼やかな笑顔で真澄を見上げた。「今更なことを口にしました。申し訳ありません」「いえ…」「…」「…」「私、幸せになります。あなたがたが羨ましく思うくらいに」「ええ、必ずそうなって下さい」「クス、はい」「…もっとも、僕の方は勝算があるのか不明ですが」「まあ、弱気ですこと! 私を振ってまでご自分の意志を通すのですから、マヤさんと一緒にならなくてはいけませんわよ、真澄様!」「そうですね。…クス、本当にあなたの言う通りだ」「フフフ」紫織は苦笑いする真澄を優しく叱咤する。綺麗な思い出になるにはまだ早いが、彼に対し親しい友人のように軽口を叩くことも不自然なく出来るまでにはなっていた。彼等はひとしきり笑うと、共に小さく息を吐いた。心中に去来する思いがその後の沈黙を長くする。だが、それを置いていくかのように紫織が別れの挨拶を口にした。「それでは、これで」「…ええ」「ごきげんよう、真澄様。…マヤさんには色々と酷いことをしてきましたが…」「…」小柄な女性の面影が胸を過(よぎ)り、ふつりと言葉を切る。しかし、紫織はすぐに気を取り直し、その女性への謝罪の念も込めて真澄へ餞(はなむけ)を贈った。「お二人の幸せを、…せめてものお詫びにお祈りしております」お話を聞いてよくわかったわ。初めての恋を後生大事にするあまり、私は相手の幸福など考えもしなかった。真澄様の想いの深さには遠く及ばない。こうなることは必然だったのね…。紫織はしばし真澄を眺めた後軽く会釈し、彼に退出を促した。こうして彼等は形だけのこの婚約に終止符を打ち、未来への道を、それぞれ別に歩いていくことになったのだった。Back  ← List →  Next

マイクラwiiu コード ハック やり方 17, Ff 夢小説 成り代わり 33, キングダム 馬 粉 7, アイドル マネージャー 仕事 4, Kpop カバーダンス 大学 31, 塚本高史 弟 画像 16, Fast Swing テンポ 16, ジャニーズ 作曲家 外国人 6, Pso2 防具 強化 21, 新幹線eチケット Cm 部長 役 21, リボーン ユニ 年齢 26, 失恋 無気力 症候群 17, Fx デモトレード 土日 42, カブトムシ 木 カビ 20, 猟銃等講習 過去 問 47, 眼瞼黄斑腫 レーザー 費用 45, 山形 サッカー 爆 サイ 7, 二宮 和 也 ブログ 虹の彼方 6, モンスト レベル上限解放 エクスカリバー 51, 聡明 の 逆 6, 旦那 浮気 賢い妻 18, 宝塚音楽学校 リーゼント 作り方 7, Aviutl プロジェクトファイル 結婚式 6, Sdgs 新聞記事 読売新聞 11, トーマス ナレーション セリフ 25, 九州新幹線 Cm なぜ泣ける 17, 春待つ僕ら 恭介 夢 小説 4, 欅坂 オワコン 2ch 10, Shopify アプリ 日本語 17, マーガレット おしべ めしべ 17, 電気ケトル 切れる 仕組み 5, 千葉 キス釣り ブログ 房州 4, 報いを受けろ ジョーカー 英語 34, すとぷり 病気 占い ツクール 35, 升田式石田流 攻め 方 5, うか たん れ あん 別れた 26, コミックシーモア 保存先 どこ 5, セキスイ ハイム 床下 バルサン 20, 茹で 卵 盛り付け 6, ドナルドおじさん 歌詞 ヤマハ 9, 吉田羊 父親 Cm 日清 15, 尿素 化粧水 シミ 5, Skysea Client View 重い 19, 柿澤勇人 松下洸平 ブログ 5, スマイル バタフライ 和訳 10, 無農薬 小豆 九州 9, 国際宇宙ステーション 肉眼 見え方 57, めざましテレビ 伊野尾慧 いらない 10, 獠 香 妊娠 16, 水泳 萩野公介 現在 6, Nhk シャーロックホームズ 人形劇 動画 10, ポケモンxy&z 47話 動画 14, 歌い手 夢小説 捨てられ 16, 蝶 種類 意味 45, ひるなかの流星 ロケ地 学校 15, サン プラザ 堺 少林寺 町 西店 4,