仏教 格言 一日一言 4

仏教 格言 一日一言 4

まいたタネは必ず生えます。

しかし“一人じゃ孤独を感じられない”と歌った人もあるように、物質に囲まれ、肉親や友人に恵まれていても、“寂しい”と深く感ずる人があります。 トルストイが驚いたのは、この無法者のような自己の死の影でした。, 猛虎に追われた旅人は、藤蔓につかまって断崖にぶら下がります。 人は、死ねばどうなるのか。 と燃え上がる腹立ちの心です。 釈迦は、最後の答えを大いに称賛し、 しかし、現実に一人一人の本心は、他人がのぞき見ることはできません。 冥土へ旅立つその時まで、私たちは何をなすために生きるのでしょう。

受験は結果がつきものですが、その結果だけが全てではありません。その後どう歩んでいくかも同じくらい大事なのです。失敗を恐れるのではなく、ポジティブに結果を受け止められるよう言葉をかけてあげると、必要以上の不安も解消して実力が発揮しやすくなるでしょう。 上り坂もあれば、下り坂もある。

心に響く言葉・心に残る一言・贈る言葉を集めています。 母親から、父親から、恩師から、友達から、恋人から、歴史上の人物から、その他大勢のひとから、自分から・・・・・ 投稿、おまちしています。 これは何を表しているのでしょう。一つ一つ解説します。, 「旅人」とは私たち、すべての人間のことです。人生は旅によく似ています。

怒っても、とてもかなわぬ相手と知ると、ネタミ、ソネミ、ウラミの心が起きてきます。相手の才能や美貌、金や財産、名誉や地位を妬み、そねみ、他人の不幸を喜ぶ醜い心。 その法を、よくよく聞かせていただくことこそが、人生を真の幸福に生きる道なのだとブッダは教示されているのです。, 今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容をメールでお送りします。, ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 そしてこの「短い命」の自覚こそが、人生を真に輝かせるのだと、ブッダは言われます。, 藤蔓にすがる旅人の足下には、3匹の恐ろしい毒龍と底知れぬ深海が待ち受けています。 白黒、いずれかのネズミに、やがて命の蔓が噛み切られる時が来る。 日本を分割占領案から守ってくれたのは お釈迦さまでした ~セイロン(現スリランカ)代表の名演説~. 私たち一人一人の背後に、飢えた猛虎(死)が迫っているのは、否定できない事実です。  

仏教で「死に備える」とは、「死ねばどうなるか」の来世を考えることなのです。, ところが、こんな危ない所にいながら、旅人がうつつを抜かすのは、5滴のハチミツのことばかり。 旅の道中は晴れの日ばかりではなく、曇天もあれば、雨や風雪の日も。台風に見舞われることもあるでしょう。

//--> 時折聞こえる、こんな有名人の不幸の陰に、名も知らぬ人々の訃報は数が知れません。 炎のように赤い龍で、「あいつのせいで儲け損なった」「こいつのせいで恥をかかされた」

  3人目は、「いやいや命の長さは一息つく間しかありません。吸った息が出なかったら、それでおしまいです。」 最澄(767-822)は大乗仏教の理想追求に生涯を捧げ、遂にその力も尽きようとする死に臨んで「心形久しく労して一生此に窮まる」との言葉を遺し、弘仁13年(西暦822年)6月4日、57歳の生涯を閉じまし … ・縁起の悪い単語 人生も、昨日から今日、今日から明日へと、時の流れを刻々と進んでいます。 気にしすぎもよくありませんが、「落ちる、滑る、こける」などの縁起の悪い単語はなるべく避けて行きたいです。.   これは、人生の寂しさを例えたものです。, 今年1月、イギリスで「孤独担当大臣」が新設されました。 The following two tabs change content below.

青い龍は、底の知れない欲の心。   旅人は、今までのどんな時よりも、最も恐ろしい光景を見たのである。, 藤蔓の元に、白と黒のネズミが現れ、藤蔓を交互にかじりながら回っているではないか。

大勢に囲まれていても寂しいのは、私の「心」を分かってくれる人がいないから。

受験とは自分との戦いですが、自分を応援してくれている人がいると分かれば安心します。この一言で前向きになってくれる可能性もあります。, ・「次があるさ!」

私たちは一日生きれば、一日死に近づきます。 ・「共感する」   その驚きは、私たちが他人の死を見たり、聞いたりした時の衝撃を例えたもの。 闇を透かして見ると、彼方から飢えに狂った、見るからに獰猛な大虎が、こちら目掛けて、まっしぐらに突進してくるではないか。 「その旅人は何と愚かなのでしょう。それほど危ない所にいながら、なぜ5滴の蜜くらいで、その恐ろしさを忘れられるのでしょうか。旅人がこの先どうなるかと思うと、恐ろしくて聞いておれません」, 「王よ、この旅人をそんなに愚かな人間だと思うか。実はな、この旅人とは、そなたのことなのだ」, 「いや、そなた1人のことではない。この世の、すべての人間が、この愚かな旅人なのだ」, トルストイが、“これ以上、人間の姿を赤裸々に表した話はない”と驚いた例え話。   遅かれ早かれ、必ずぶち当たる未来です。 初めて仏法を聞く勝光王に、ブッダはこう説かれました。, 王よ、それは今から幾億年という昔のことである。ぼうぼうと草の生い茂った、果てしない広野を、しかも木枯らしの吹く寂しい秋の夕暮れに、独りトボトボと歩いていく旅人があった。 それだけではなかった。 これは「死」の地点に立ってはいますが、自身の未来後生に背を向け、来し方を眺めているにすぎません。

数々の名作を残し、世界の思想に多大な影響を及ぼした文豪がこう述べたのは、ブッダのある例え話の影響でした。 しかし、所詮は虎に人間はかなわない。 旅に出ると、同じ所に長くはとどまりません。 人生は有限です。当たり前のことなのですが、誰もが実は目を背けています。 人生も、調子のいい時ばかりではありません。 旅人は思わず口の中で「あっ」と叫んだ。 ・Believe in yourself!「自分を信じて!」 ・「過ぎ去った昔のことは気にしない。遠い未来のことは思い悩まない。いま、ここにあるひとつひとつやっていけば、迷いはなくなるんだ。」くまのプーさん, ・「絶対大丈夫!」 挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。」アインシュタイン 旅人は、その藤蔓を伝ってズルズルズルーと下りたことは言うまでもない。

根拠のない無責任な応援ほど、突き放されていると感じることはないです。   誰もが知りたい、その答えを示された寓話が、ブッダの説かれた『仏説譬喩経(ぶっせつひゆきょう)』という経典に説かれています。 食べたい、飲みたいという飲食の楽しみ。金や財産を追い求め、貯める楽しみ。男女の愛欲の楽しみ。誰からでも褒めてもらいたい、称賛される楽しみ。楽して寝ておりたい楽しみ。 結果はどうであれ、今まで積み重ねてきた努力は決して無駄にはなりません。その努力を認めてあげましょう。自己肯定感を取り戻すことができれば、前向きな姿勢になることができるでしょう。 そんな順境、逆境の中、旅を続けていますが、私たちはどこへ向かって歩いているのでしょう。 受験生でなくても、頑張っている時の労いの言葉はもらうと嬉しいです。努力を見てくれている人がいると思うと、なおさら頑張ろうという気にもなるでしょう。労いの言葉で今までの努力をそっと認めてあげましょう。, ・雲外蒼天 「冥土」とは「来世」のこと。 励みになります。↓↓ ↓↓↓↓,