fifa20 アイコン チーム 8

fifa20 アイコン チーム 8

「ケミストリーが足りない。上げ方教えて!」 「あと『1』増やしたい。どうにか方法はない??」 こういった疑問にお答えします。 結論から言うと、付加ボーナスを活用する。 付加ボーナス ①適正ポジション ②監督カード ③忠誠心 ④同チーム 「後、1上げたい。 過去や現在のスーパースターを獲得して、自分だけの夢のチームを作り上げま … ワールドクラスのスキルと、いとも簡単に難しいプレイをこなすテクニックを兼ね備えていたZinedine Zidaneは、史上最高の選手の1人です。1998 FIFA World Cup決勝で決めた2ゴールや、2002 UEFA Champions League決勝で決めた豪快なボレーに代表される大舞台での活躍によって、Zidaneはフランスとレアル・マドリードの両方でレジェンドの地位を築いています。, アルゼンチンの伝説的なプレイメイカー、Riquelmeは、その持ち前のパスセンスにより、時代を代表する攻撃的ミッドフィルダーとして名を上げることに成功した。ボカ・ジュニアーズのレジェンドであるRiquelmeは、クラブにCONMEBOL Libertadoresのタイトルを二度もたらし、後に活躍の舞台をヨーロッパへと移すことになる。2005年にはビジャレアルでの活躍が評価され、FIFA最優秀選手賞にノミネートされた。ボカへの復帰を果たしたあとは守備的な役割を担いながらも、CONMEBOL Libertadores 2007 決勝の2つのレグで合計3ゴールを記録。チームに6個目となるLibertadoresのタイトルをもたらし、大会のMVPに選出された。, 選手として、そして今は監督としてアイコンの地位を築いているPep Guardiolaは、バルセロナのかの有名なラ・マシアの哲学を体現した選手でした。アカデミーからトップチームにすぐさま昇格し、20歳にしてポジションを確固たるものにします。同じくアイコン選手のJohan Cruyff率いるドリーム・チームの一員として、1991-92シーズンにはラ・リーガとヨーロピアン・カップの二冠を達成しました。Guardiolaはおよそ10年にわたって中盤を支配し、16個ものトロフィーをカタルーニャのクラブにもたらしました。, Ronald Koemanは誰もが羨む得点記録を持つディフェンダーです。エールディヴィジのフローニンゲンでキャリアをスタートさせ、アヤックス、PSVと活躍の舞台を移しました。PSVでは51ゴールを記録し、3シーズン連続でリーグ優勝を果たした上に、ヨーロッパの大会制覇も果たしました。バルセロナではさらに素晴らしい偉業を成し遂げます。ラ・リーガのトロフィーを4シーズン連続で掲げ、自身2度目となるヨーロッパの大会制覇も果たしました。在籍した6シーズンで、毎シーズン二桁ゴールを記録しています。, ダイナミックなプレイスタイルを持つミッドフィルダーにつけられたあだ名はバイソン。Michael Essienはリーグ・アンでキャリアを開始し、2005年にクラブ史上最高額でチェルシーに移籍しました。ガーナ出身のEssienはスタンフォード・ブリッジで9年を過ごします。その間、数々の貴重なゴールを挙げてクラブにプレミアリーグタイトルを2つ、カップ戦のトロフィーを6個、そしてUEFA Champions Leagueのトロフィーを1個もたらしました。その後ヨーロッパのビッグクラブ、レアル・マドリードやACミランに活躍の場を移すことになります。, 偉大なサイドバックの一人、Gianluca Zambrottaはイタリアの堅い守備に欠かせない選手でした。優勝を果たした2006 FIFA World Cup™で許した失点はわずか2点です。大会を通して素晴らしい活躍を披露したZambrottaは、2006 FIFA World Cup™のオールスターチームに見事選出されることとなります。, リヴァプールとセルティックの両クラブで史上最高の選手の一人と考えられているKenny Dalglisは、リヴァプールの一員としてイングランド、そしてヨーロッパを舞台に圧倒的な力を披露しました。レッズで過ごした13年間のうちに、キング・ケニーはリーグタイトルを8つ、ヨーロピアン・カップのトロフィーを3個、そしてカップ戦のトロフィーを数え切れないほど獲得しました。彼はアンフィールドでレジェンドの地位を築きつつあります。, スピードとトリックを兼ね備えたJohn Barnesは、ワトフォードをリーグ2位とFAカップ準優勝に導いたあとリヴァプールに移籍を果たしました。Barnesはアンフィールドで相手ディフェンダーを圧倒し続け、クラブにリーグタイトルを2つ、そしてFAカップのトロフィーを2個もたらしました。1988-89シーズンにはその素晴らしい活躍が評価され、PFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞を受賞します。, Ian Wrightは比較的遅咲きのサッカー選手です。しかし、その勢いは止まらずクリスタル・パレスとアーセナルで得点を量産し続けました。アーセナルデビューを果たしたシーズンには、29ゴールを挙げてゴールデンブーツ賞を受賞しています。1998年、Ian Wrightは得点を決め続けてガナーズをリーグ戦とカップ戦の二冠に導き、クラブのアイコンとしての地位を築きました。, アンフィールドでのキャリアは比較的遅く始まりましたが、ウェールズ出身のIan Rushは2年目のシーズンに30ゴールを挙げる活躍を見せました。その後コンスタントにゴールを量産し続けます。1983/84シーズンには、持ち前の決定力で得点王に輝き1部とヨーロッパのゴールデンブーツ賞を受賞しました。リヴァプールの一員として、リーグタイトルを5つ、FAカップのトロフィーを3個、そしてChampions Leagueのトロフィーを獲得しました。, 1977年、歯学を学びながらUNAMで名を上げたHugo Sanchezは、19歳の誕生日を迎える数日前に初めてリーグ制覇を果たしました。母国メキシコで5シーズンを過ごしたSanchezは、アトレティコ・マドリードで4シーズンを過ごしたあとライバルのレアルに移籍を果たします。ストライカーとして200以上ものゴールを挙げ、ロス・ブランコスの5シーズン連続となるラ・リーガ制覇に貢献しました。ほかにも、クラブにカップ戦のトロフィーを3個、UEFAカップのトロフィーを1個もたらしました。その後クラブ・アメリカに移籍し、活躍の舞台をメキシコに戻すことになります。, 1953年にボタフォゴに加入したGarrinchaは、デビュー戦でボンスセッソを相手にハットトリックを決めてすぐさまその名を轟かせました。優雅なドリブルテクニックが高く評価されてヨーロッパのビッグクラブから数々のオファーが届くも、Garrinchaは拒否し続けてボタフォゴで13シーズンを過ごします。また、1958年と1962年にはブラジル代表としてFIFA World Cups™優勝に大きく貢献し、2連覇を達成しました。信じられないことに、ブラジルはGarrinchaと、同じくアイコン選手であるPeleが出場した試合で負けたことがありません。, コートジボワール出身のDidier Drogbaは2003/04シーズンにマルセイユで大躍進を遂げました。屈強なフィジカルに驚異の得点能力を兼ね備えたDrogbaは、55試合に出場し32ゴールを挙げ、リーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞します。チェルシーに移籍したのは2004年のことです。4回のプレミアリーグ制覇、4回のFAカップ制覇、3回のリーグカップ制覇にゴールで貢献しました。決勝で試合を決定づけるPKを蹴り、チェルシーに初めてのUEFA Champions LeagueのトロフィーもたらしたDrogbaは、ブルーズのアイコンとしての地位を築いています。, Carlos Albertoはフルミネンセで頭角を現し、テクニックのあるディフェンダーとして活躍しました。そのボールスキルは、ディフェンスの能力と同じくらい高く評価されています。フルミネンセに加入した3年後にサントスに移籍。そして1970年にはキャプテンとしてブラジルを率いて、FIFA World Cup™優勝を果たしました。決勝戦で決めた見事なゴールは、歴史に深く刻まれています。ブラジルで14年間プレイしたあと、Carlos Albertoはニューヨーク・コスモスに移籍してPeleと抜群の連携を見せます。在籍した4シーズンでクラブをリーグ制覇に導きました。, Pirloは素晴らしい視野とパススキルを兼ね備えた、エレガントなレジスタです。2003年と2007年に、代えのきかない選手としてACミランの中盤を支配してUEFA Champions Leagueを制覇しました。Pirloはリーグだけでなく国際舞台でも活躍を見せました。2006 FIFA World Cup™の決勝戦でマンオブザマッチに輝く活躍を見せ、イタリアを優勝に導きました。Pirloは4シーズン連続でセリエAを制覇したあと活躍の舞台をMLSに移し、そこでキャリアを終えました。, エレガントな攻撃的ミッドフィルダーとして、ドリブルとパスの才能の片鱗を見せていたKaká。そんなブラジルの至宝をめぐる争奪戦を制したのはイタリアの名門ミランでした。ヨーロッパに活躍の舞台を移したKakáは、セリエAのタイトルにChampions Leagueのトロフィー、さらにはバロンドールを獲得し、ミランで最高の6シーズンを送ります。その後レアル・マドリードに移籍を果たし、2011-12シーズンには9アシストの活躍を見せ、ロス・ブランコスの勝ち点100の壁を破る偉業達成に大きく貢献しました。, 史上最も偉大なゴールキーパーと評される選手です。「黒蜘蛛」の愛称で知られ、引退までディナモ・モスクワを代表する選手として20年間のキャリアを過ごしました。およそ270回のクリーンシートを記録し、150回のPKを止めた実績を持ちます。Yashinはゴールキーパーとしてバロンドールを獲得したことがある唯一の選手です。, ペナルティエリア内で圧倒的な存在感を見せたPeter Schmeichelは、サッカー史上でも屈指の偉大なゴールキーパーと考えられています。国際サッカー歴史統計連盟が選出した世界最高のゴールキーパーに2度選ばれたSchmeichelは、マンチェスター・ユナイテッドの象徴的な選手として尊敬を受けました。24のタイトルを手にし、11ゴールを決めた彼は、デンマーク史上最高のゴールキーパーとして考えられています。, van der Sarは、現代サッカーにおいて比類なき存在感を放ったゴールキーパーで、キャリアを通して数多くのトロフィーと記録を積み上げました。完璧かつ多才なゴールキーパーだったこのオランダ人は、恵まれた体格と俊敏性のような伝統的能力に加え、高い足元の技術と鋭いパス能力を兼ね備えていました。, 「インビンシブルズ」と呼ばれたアーセナルの鉄壁の守護神として活躍したLehmannは、Champions Leagueで連続無失点記録を樹立しました。クラブでの活躍に留まらず、長くドイツ代表でも中心として活躍し、3度のFIFA World Cup出場を果たしました。, 5度のUEFA Champions League優勝を成し遂げ、その他多くのタイトルを獲得したMaldiniは、生涯ミランを貫き、同クラブで25シーズンを過ごしました。最終ラインならどこでもプレイできるMaldiniは、守備の職人として鉄壁の守りを見せました。, 世界的名声を得たディフェンダーのBaresiは、生涯1クラブを貫き、ミランの守備の要としてプロキャリアを全うしました。その不屈の精神と類まれな守備能力によって、20年間にわたって第一線でプレイを続け、リーグやUEFA Champions Leagueを何度も制覇し、1982年にはイタリア代表としてWorld Cup優勝を果たしました。, イタリア人センターバックのCannavaroは、1ページでは収まり切らないほど個人で賞を獲得したディフェンダーで、注目されやすい攻撃の選手よりも輝いた数少ないディフェンダーの一人です。2006年のWorld Cupではキャプテンとしてイタリア代表を初の優勝に導き、同年にバロンドールにも輝いています。1996年以降、この輝かしい賞を受賞したディフェンダーは彼一人だけです。, イングランドが唯一World Cupを制した1966年にキャプテンを務めたMooreは、タフなタックルと生来の指導力で、周囲の選手たちを活気付けました。代表の出場試合記録は破られたものの、Mooreは今でもイングランドサッカー史上屈指の人気を誇る、尊敬される選手です。, この力強く威圧的なイタリアのディフェンダーは、20年以上のキャリアの中でUEFA Champions Leagueを2度、セリエAを3度制覇し、World Cupも獲得しました。強烈なタックルだけでなく、センターバックとしては珍しい隙のない戦術的視野や、優雅なボールタッチを兼ね備えていました。, 目の覚めるようなディフェンスと長いカーリーヘアは、キャリアを通してCarles Puyolのトレードマークでした。強気なディフェンダーとして、Puyolの闘志、決断力、リーダーシップは周囲の選手を鼓舞し、ライバルからの尊敬を勝ち取りました。Puyolは世界最高のトロフィーを勝ち取ったチームで、欠かせない中心選手となっていました。クラブでも代表でも大変な成功を収めたこのカタルーニャ人は、この時代屈指のディフェンダーとして、サッカーの歴史に名を刻むでしょう。, キャリアを通してインテルのサイドを駆けあがった多才なディフェンダーで、トラクターというニックネームで呼ばれました。ミッドフィルダーとしてもわずかながら出場しており、クラブに求められる役割を確実に全うできる選手でした。このアルゼンチン人は攻守に優れ、完璧なクロスを送ったかと思えば、次の瞬間には強烈なタックルでボールを奪取します。リーダー、プロフェッショナルとして模範的な存在だったZannettiは、クラブと代表で長年キャプテンを務めました。受けたレッドカードは、22年のキャリアの中でわずか2枚だけでした。, このフランスの大型ディフェンダーは、キャリアを通してプレイした数々のクラブで鉄壁のディフェンスを築き、1998年のWorld Cupではフランス代表の一員として優勝に貢献しました。そのワールドクラスの守備能力とリーダーシップは、サッカー界最高峰の舞台でも突出していました。, サッカー史上屈指の攻撃的左サイドバックとして、Roberto Carlosの突出した左足はクラブでも代表でも輝きました。このブラジル人の象徴的なフリーキックは、試合以上に彼を輝かせ、サッカー選手としてトップクラスの成功を導きました。, Desaillyはどのチームで出場しても、どのポジションで出場しても、揺らがぬ強く実直なスタイルで、常に守備の要であり続けました。身体能力と空中戦の強さや、正確無比かつ強烈なタックルで、主にセンターバックとしてキャリアの大半を過ごし、フランスWorld Cupにも優勝しました。守備的ミッドフィルダーとしても存在感を放っています。このポジションにおいても、高いボール奪取能力でボールを奪い、ドリブルやパスで迅速かつ正確なカウンターアタックの起点になりました。, レアル・マドリードと栄光の時代を長く共有したHierroは、スペインの首都で輝かしいキャリアを送りました。手堅く実直なディフェンダーとして活躍したHierroですが、ミッドフィルダーとしても非凡な能力を示し、長いキャリアの中で計102ゴールを挙げています。, イングランド史上屈指のディフェンダーと考えられることが多いRio Ferdinandは、激しく強気なディフェンスと優雅なテクニック、正確なフィード能力を兼ね備えていました。Ferdinandはリーダーシップと優れた視野により、マンチェスター・ユナイテッドにたくさんのタイトルをもたらし、10年以上もイングランド代表の中心として活躍しました。, 2003-04シーズンのプレミアリーグで無敗優勝を成し遂げた「インビンシブルズ」アーセナルの中心メンバーだったCampbellは、イングランドサッカー史上屈指の威厳と迫力を備えたセンターバックの1人です。, 様々な役割を完璧にこなすダイナミックな選手として、Ruud Gullitは複数の攻撃的ポジションで見事にプレイする能力を備えていました。伝説的なACミランとオランダ代表の中心選手として、Gullitは明らかな力を示し、今もファンから人気があります。, Matthäusはドイツ代表のキャプテンとしてWorld Cupを制し、柔軟で多彩な技術によって、ミッドフィルダーの定義を変化させました。チームメイトへのピンポイントパスにも、ペナルティエリアの周辺で相手からボールを奪うタックルにも長けたMatthäusは、攻防に活躍するミッドフィルダーの理想形だったのです。, サッカー史上最も成功した選手の1人であるGiggsは、マンチェスター・ユナイテッドで過ごした23年間で数えきれないほどのタイトルを獲得しました。このウェールズ人ウインガーは、スピードとトリッキーかつ芸術的なドリブルでディフェンスを置き去りにし、サイドを制圧しました。, ピッチ上での力強く闘争心溢れるプレイが印象的だったドイツ人ミッドフィルダーのBallackは、完成されたオールラウンダーとして、バイエルン・ミュンヘンやチェルシー、ドイツ代表で華々しいキャリアを築きました。優れた身体能力とアグレッシブなスタイルで強烈なシュートを放ち、キャリアの中で決めたロングシュートの数は数えきれないほどです。また、サッカーIQも高かったBallackは、中盤からピッチを俯瞰で見渡し、試合の流れやリズムを作れる存在でした。, このブラジル人プレイメーカーは、テクニックに秀でた天才で、慎重かつ思慮に富んだパスと視野によって、数多くの試合を演出しました。Sócratesは意図的に試合を落ち着かせ、相手やチームメイトを自分のペースに引き込む能力に長けていました。クラブレベルでも華々しい活躍を見せましたが、World CupとCopa Americaにそれぞれ2度出場し、ブラジル代表としての実績が目立ちます。, おそらくリバプール史上最も重要な選手である地元出身のGerrardは、トップチームに入るまでクラブのアカデミーで育ち、長年に渡ってクラブで活躍を見せました。Gerrardの実績とハイライトを列挙すると切りがありませんが、2005年のChampions League決勝が最も印象的な試合と言えるでしょう。ACミランに0-3とリードされた後、彼はサッカー史上に残る逆転勝利を演出しました。, ルーマニア最高のサッカー選手、世界有数のミッドフィルダーとして活躍したHagiは、創造性に溢れ、予測不能なプレイを披露しました。Hagiは、戦術的インテリジェンスと寸分違わぬパス、相手を混乱に陥れるドリブルを駆使し、中盤のどこからでもプレイメイクができる完璧な「10番」でした。, デンマークのプレイメーカーであるLaudrupは世界有数のクラブを渡り歩き、バルセロナでは、Johan Cruyffの「ドリームチーム」の中心選手として活躍しました。サッカー史上屈指のパサーに数えられるLaudrupですが、フェイントや足技を駆使した非凡なドリブルも伝説として語り継がれています。, ワールドクラスの才能を示し続けたNedvedは、チェコ史上屈指の選手として多くの人々に記憶されています。サイドからのクロスと中盤からの鋭いパスで、クラブや代表チームに多くのゴールをもたらしました。, Scholesは、生涯1クラブを貫いた数少ない選手であり、20年に渡ってマンチェスター・ユナイテッドの中盤に君臨し、クラブが最も輝いていた時代を担いました。その多彩な能力で、単なるミッドフィルダーとしての役割を越えた活躍を見せ、他の選手たちの入れ替わりに合わせて、様々なポジションを務めました。, UEFA Champions Leagueの真のスーパースターでオランダ代表のSeedorfは、世界最高峰のクラブ大会を3つの異なるクラブで制した唯一の選手です。1995年はアヤックス、1998年はレアル・マドリード、2003年と2007年はACミランで優勝を果たしました。Seedorfは万能型のミッドフィルダーで、キャリアを通して様々な役割を求められましたが、ファイナルサードでボールを持った時に最も真価を発揮しました。フットワークでディフェンスを突破することも、決定的なパスをチームメイトに供給することもできたのです。, 力強く粘り強いスタイルのPatrick Vieiraほど、中盤を制圧した選手はほとんどいません。Vieiraはそのフィジカル、運動能力、テクニックにより、現代のミッドフィルダーとして屈指の選手とみなされています。, 中盤でゲームを指揮するようにプレイするRui Costaは、「エル・マエストロ」と呼ばれ、理想的な「10番」として前線の選手を操り、ピッチ上のどこからでもレーザービームのように鋭いパスを送ることができました。献身的なプレイが特徴で、自分でシュートを打つより信じられないようなパスをチームメイトに送ることを好んだこのポルトガルのレジェンドでしたが、実際には決定力にも優れており、ここぞという場面では印象的なゴールも挙げています。, 創造力、戦術的意識、申し分ないテクニック、休みない運動量により、Decoは完璧なミッドフィルダーとして活躍しました。彼の正確なパスと強力なミドルシュートは相手にとって悪夢のようなもので、ポルトガル出身のDecoをクラブでも代表でも輝かせました。, マンチェスター・ユナイテッドの中心選手として、Roy Keaneは10年にもわたってプレミア・リーグで圧倒的な強さを見せ続けました。中盤で見せる粘り強くて献身的なプレイが特徴でした。攻撃的なKeaneのタックルは、多くのプレイヤーを恐れさせました。, ウェストハム・ユナイテッドでキャリアをスタートしたのち、ロンドン出身のミッドフィルダーであるLampardはチェルシーに13年在籍し、429試合に出場してクラブのレジェンドとなりました。攻守両面に活躍したLampardは、タックルとディフェンスに優れるだけでなく、チャンスを作って自らゴールを奪うこともできました。Lampardはチェルシー時代に数々のタイトルを獲得し、3回のプレミアリーグ制覇に加え、UEFA Champions Leagueも制しています。, アヤックスのChampions League優勝(1995年)メンバーの一員であるLitmanenは、フィンランド史上最高のサッカー選手として多くの人々に記憶されています。この創造性溢れるプレイメーカーは、21年間に渡ってフィンランド代表を務めました。出場試合数と得点記録は、現在も破られていません。, 史上最高とは言わないまでも、世代最高の守備的ミッドフィルダーと評価する人が多い選手です。このフランス代表選手は、レアル・マドリードの一員としてラ・リーガで活躍しました。しかし、Makéléléがトップクラスの評価を固めたのは、チェルシーに加入してイングランド・プレミアリーグでプレイした後でしょう。彼のマンマーク能力とゲームを読む力は革新的なもので、以降全ての守備的ミッドフィルダーがMakéléléを基準にして語られています。, アフリカ史上屈指のサッカー選手とみなされるJay-Jay Okochaは、力強く技術に優れた攻撃的ミッドフィルダーでした。羨まれるような技術、スピード、ドリブル、パワーを兼ね備えたOkochaは、世界中のファンを30年近く興奮させました。, オランダ出身の彼は理想的なウインガーでした。信じられないほどのスピードと魔法のようなドリブル、両足での正確なパスやシュートの能力を兼ね備えていました。Overmarsは、アヤックス、アーセナル、バルセロナでサイドを縦横無尽に駆け巡り、空けたスペースにパスを出し、中に切れ込みシュートを打つなど、敵を恐怖に陥れました。, 世界有数のクラブで守備的ミッドフィルダーとして活躍したPetitは、プレイした全てのクラブでピッチ中央に力強い連携を生み出しました。相手の攻撃をディフェンダーの手前で遮断する能力は、1試合を除いて全試合に出場した1998年のWorld Cupで、フランス代表の優勝に大きな役割を果たしました。, 「インビンシブルズ」と呼ばれたアーセナルの中心選手だったPirésは、多才なアタッカーとして主に左ウイングで活躍しました。クラブレベルで様々な栄誉を獲得したPirésは、自国開催となった1998年のWorld Cupで、フランス代表の優勝にも貢献しました。, 強烈なタックルが持ち味の守備的ミッドフィルダーとして知られるRijkaardですが、必要に応じてほぼ全てのポジションをこなせる、万能型の選手でした。このオランダ人の最大の長所は、そのタックルと視野の広さでしたが、攻撃的なポジションを務める場合は、狡猾な創造性や鋭いパスを披露しました。その柔軟性によって、クラブ、代表で数多くの栄誉を獲得しました。, この才能豊かなアルゼンチン人プレイメーカーは、クリエイティブなパスセンスと戦術的視野でイングランド、イタリア、アルゼンチンのクラブで活躍しました。恵まれた体格から守備的なプレイスタイルをイメージさせるVerónですが、最大の長所はボールを持ったときのテクニカルなプレイで、状況に合わせて自ら得点を奪うこともできる選手でした。, この闘争心と情熱溢れるミッドフィルダーは、強烈なタックルと無尽蔵のスタミナ、試合の流れを読んで素早く対処する能力が特徴的でした。Gattusoは、2000年代のミランの成功に欠かせない選手であり、2006年のWorld Cupではイタリア代表の中心選手として優勝に貢献しました。, セリエAのペルージャへ衝撃的な移籍を果たしてから、中田はキャリアのほとんどをイタリアのトップディビジョンで過ごしました。これにより、彼は日本代表にも定着し、World Cupへ3回出場を果たしました。中田は特筆すべき視野を持つクリエイティブなプレイメーカーで、長くタイミングのいいオーバーラップによってペナルティエリアへ顔を出す、卓越した能力を備えた選手です。, ブラジル代表でRonaldo Nazário,よりも唯一ゴール数が多いPeléは、サッカー史上最も偉大な選手の1人と言って過言ではありません。ブラジル国内選手権で6回、ワールドカップで3回優勝したほか、21年間に及ぶキャリアにおいてリーグ戦で600以上のゴールを記録して、史上最高のレジェンド選手の1人とみなされています。, 史上最も才能溢れたサッカー選手の1人であるMaradonaは、どんなディフェンダーも手に負えないドリブラーとして名を馳せました。1986年のワールドカップでは優勝を果たし、伝説となっているイングランド戦でのゴールでは、相手チームのおよそ半分をドリブルで抜き去り、FIFAのゴール・オブ・ザ・センチュリー賞に選ばれています。, この伝説的なブラジル人ストライカーは、驚異的なスピード、卓越した決定力、目を奪われるテクニックによって、世界で最も恐れられるストライカーの1人の名声を獲得。バロンドールに2度輝いたRonaldo Nazárioは、レアル・マドリードに移籍して銀河系軍団の一員になりました。, このオランダのプレイメーカーは、クラブでも代表でも素晴らしい実績を残しました。アヤックス、バルセロナ、オランダ代表で、数々の大きなタイトルを獲得しています。卓越したテクニックと創造性で知られるCruyffは、ゲームでも屈指の人気を誇るスキルムーブ、クライフターンを生み出した選手です。彼のスタイルはオランダが誇る「トータルフットボール」の象徴となりました。選手としてもコーチとしても、トータルフットボールの草分けとなり、完成させたと言えるでしょう。, 万能型で創造性に溢れ、Il Divin Cotino(偉大なるポニーテール)と呼ばれたこのイタリア人選手は、ビッグタイトルにこそ縁がなかったものの、代表チームをFIFA World Cupの3大会に渡って牽引し、数々の賞を獲得しました。このミッドフィルダーは、イタリアのさまざまなトップクラブで才能を発揮し、どこでプレイしようと、相手がどこであろうと、ピッチ上で何度も最高の輝きを放ちました。Baggioには普通の選手なら気づかないスペースやパスコースを見つける天性の感覚があり、彼のカーブをかけたフリーキックは、今でもサッカー中のハイライト映像で見ることができます。, サッカー界で最後に残った自由な選手、Ronaldinhoは美しいサッカーとは何かを体現しています。無限の創造性と圧倒的なテクニックを誇るこのブラジル出身の攻撃的ミッドフィルダーは、美しいゴールを決めることにも、完璧なパスでチームメイトを輝かせることにも長けています。Ronaldinhoは世界最高のトロフィーを手にしています。美しく、笑顔を湛えながらのプレイによって。, 史上最高の選手にも数えられる、北アイルランド出身のBestは、現役時代に比類なきスーパースターであり続けました。Bestは、スピード、テクニック、ボールバランスを兼ね備えた史上屈指の天才ドリブラーで、ディフェンダーは予測不能な動きに苦しみました。, かなり昔の時代のレジェンドとなるポルトガルのストライカー、Eusébio da Silva Ferreira(通称Eusébio)は、ポルトガル代表が強豪ではなかった時代に、クラブと代表で圧倒的な活躍を見せました。代表キャリアの中でポルトガルがWorld Cupに出場したのは一度だけでしたが、彼はその大会でポルトガルを3位に導きました。さらに1962年のEuropean Cup(現在のUEFA Champions League)決勝では、ベンフィカの選手として2ゴールを決め、レアル・マドリードに5-3で勝利して世界を驚かせました。, ブラジルのRivaldoは、優れたテクニックで様々な役割をこなしました。クラブでも代表でも攻撃の中心となったのはそのためです。彼はバルセロナに5年間在籍し、止めようのない攻撃で相手の脅威となりました。1998-99シーズンには24ゴールを決めてラ・リーガの得点王となり、クラブを連覇に導きました。1999年、RivaldoはバロンドールとFIFA年間最優秀選手を共に受賞しています。代表でも長年活躍し、1998年にはブラジルをWorld Cup準優勝に、2002年には優勝に導きました。, プレミアリーグ史上最も優れたストライカーの1人であるHenryは、その驚くほどエレガントで信じられないくらいに高い決定力で、アーセナル在籍中の8年間でゴールデンブーツ賞に4度輝きました。自国開催の1998年ワールドカップでは優勝を果たし、フランス代表チームの123試合で51ゴールを記録して、今もトップスコアラーのままです。, アヤックスとミランで活躍したこのストライカーは、怪我により比較的短い現役生活だったにも関わらず、サッカー史上有数の選手に数えられています。クラブと代表で数多くの栄誉を勝ち取り、バロンドールを3度受賞したVan Bastenは、驚異的な得点能力とアクロバティックなスキルで、不可能とも思えるゴールを量産した選手として知られています。, アヤックスのアカデミー、後にはトップチームで、同じくアイコン選手であるJohan Cruyffにトータルフットボールを叩き込まれたBergkampは、ほぼ全てのポジションでプレイを経験しました。これは、このオランダ人が個人としてだけでなくチームプレイヤーとしても優れていたことを意味し、所属クラブや代表の攻撃の要を務め、ストライカーや別のストライカーを後ろから支える「10番」として活躍しました。, Butragueñoは、1980年代後半から1990年代前半にかけてスペイン1部リーグを支配していたレアル・マドリードの中心選手で、現在もクラブ史上屈指のストライカーとして名を残しています。, イタリア史上屈指の選手と呼ばれるAlessandro Del Pieroは、完璧なテクニック、圧倒的な決定力、正確なフリーキックで、世界中のサッカーファンを20年以上も魅了してきました。2006年のFIFA World Cupを手にしたDel Pieroは、あらゆる大会でゴールを決めた、大量得点を決めるスコアラーとして記憶されるでしょう。, マドリード出身のRaúl Gonzalez Blanco(通称Raúl)は、わずか17歳でレアル・マドリードのトップチームに昇格し、クラブ史上最年少の出場選手となりました。このスペイン人ストライカーはレアル・マドリードで数々の栄光を手にし、ラ・リーガ優勝6回のほか、UEFA Champions Leagueでも見事に3回の優勝を果たしています。Cristiano Ronaldoに破られるまで、Raúlはレアル・マドリード史上最高得点を記録した選手でもありました。, 欧州の様々なクラブで活躍したKloseですが、より印象に残っているのは得点を量産したドイツ代表での活躍でしょう。Kloseは、ドイツ代表として4度のWorld Cupを経験し、2014年には悲願の優勝を成し遂げました。この細身のストライカーは、ドイツ代表において歴代2位の出場試合数を記録し、通算最多得点記録を達成した2014年に引退しました。, オランダのKluivertは、典型的なフォワードとしての能力だけでなく、高さと強さを兼ね備えた身体能力に、繊細なタッチと類まれなスピードを示して、世界にその名を轟かせました。バルセロナではブラジルのフォワードRivaldoと完璧な相性を見せ、当時世界で最も恐れられるツートップとして君臨しました。, レスター・シティ、バルセロナ、トッテナムで得点を量産したLinekarですが、この狡猾なストライカーが最も輝きを放ったのはイングランド代表でしょう。Linekarは、World Cupで得点王に輝いた最初のイングランド人であるだけでなく、1986年と1990年大会で計10ゴールを挙げ、同国のWorld Cup通算最多得点記録を保持しています。, バルセロナからレアル・マドリードへの禁断の移籍で騒動を巻き起こしたこのポルトガル人ウインガーですが、スペインでキャリアを全うし、リーグ史上でも屈指の外国人選手として活躍しました。Figoは俊敏な動きとワールドクラスのドリブルでサイドを制圧し、美しいクロスをチームメイトへ送って、クラブでも代表でもアシストを量産しました。, イングランド史上でも屈指のゴールを量産するスコアラーとして、Michael Owenがスターになったのは、まだとても若かった1998年のWorld Cupでした。圧倒的なスピード、賢い動き、正確なパス、圧倒的な決定力により、Owenはゴールを決め続ける機械と化したのです。, イングランド人ストライカーの典型だったShearerは、ペナルティエリア内で大きな存在感を放ち、相手ディフェンスを押しのけ、ネットにボールを叩き込みました。Shearerは、ブラックバーン・ローバーズとニューカッスル・ユナイテッドの14シーズンで計260ゴールを挙げました。この記録はプレミアリーグの通算得点記録として、現在も破られていません。, ウクライナ史上最高のストライカーは、ディナモ・キエフ、ミラン、チェルシーでゴールを量産し、華々しいキャリアを築きました。Shevchenkoのテクニックと、両足や頭での得点能力は、イタリアと欧州のディフェンダーを震撼させました。, ブルガリア史上最高の選手であるStoichkovは、同国唯一のバロンドール受賞者(1994年)であり、バルセロナで輝かしい数シーズンを送りました。Johan Cruyffの「ドリームチーム」の一員としてゴールを量産し、バルセロナを4度のラ・リーガ制覇とChampions League制覇に導きました。, このフランス人ストライカーは、その20年のキャリアを通して常に脅威であり続け、10年間所属したイタリアのクラブで特に印象的な活躍を見せました。TrezeguetはセリエAのクラブと、母国フランスのモナコで複数のタイトルを獲得し、フランス代表としても1998年にWorld Cupを制覇しています。彼のストライカーとして素質は幅広くまた多彩でもありました。Trezeguetは足でも頭でも得点に繋げられ、いつの間にか現れたと思うとルーズボールをネットに叩き込む能力は伝説的なものでした。, 伝統的なフォワードの完成形だったvan Nistelrooyは、この世代屈指の得点能力を有するストライカーでした。プレミアリーグではマンチェスター・ユナイテッド、ラ・リーガではレアル・マドリードの一員として、チームに数多くのゴールをもたらしました。このオランダ人は体格に恵まれていただけでなく、圧倒的なスピードでオフサイドトラップを破り、マーカーを引き離せるストライカーでした。, Crespoは点取り屋として複数のクラブとアルゼンチン代表で活躍し、世代最高のストライカーの地位を確立しました。ディフェンダーのミスを突き、自らの足でボールを持ち込むなど、不可能に思えるような状況においても、Crespoはあらゆる方法でゴールを量産しました。, メキシコ、アルゼンチン、アメリカの様々なクラブで活躍したHernándezですが、彼が最も輝きを放ったのは代表戦でしょう。「エル・マタドール」と呼ばれたHernándezは、World Cupでのメキシコ人最多得点記録を保持しており、1998年のフランス大会では4ゴールを挙げました。, 「ピッポ」の愛称で親しまれたスピーディでスマートなストライカーです。本能的なゴールへの臭覚が特徴的な、生粋のフィニッシャーでした。点取り屋として絶えずペナルティエリアに侵入し、相手のミスによってこぼれたボールを押し込むことが得意でした。, セルティック史上最高のストライカーとして記憶されるスウェーデンの点取り屋、Larssonは、ほとんどすべてのクラブで優れた能力を示しました。スピード、視野、インテリジェンス、落ち着きなど、すべてを兼ね備えたオールラウンダーとして、ワールドクラスの得点力を発揮しました。, イタリアのストライカー、Vieriは18年のキャリアで12にも及ぶヨーロッパのクラブで活躍を見せ、ほぼ全てのクラブでゴールを挙げました。かつて史上最高額を記録したVieriは、イタリア人サッカー選手賞を二度受賞しました。また、FIFA World Cupで9ゴールを挙げ、イタリアの同大会の最多得点記録に並んでいます。, テクニックとスキルを兼ね備えたZolaは、ナポリとチェルシーの両方でサポーターから愛された選手です。攻撃的なプレイスタイルと、ゴール前で魅せる鮮やかなシュートが観客を魅了しました。チェルシー史上最高の選手に選出されたこともあるほど、その貢献は偉大なものでした。.

モンスターとペアレント 漫画 ネタバレ 7, ポップティーン アンケート 書き方 13, ぼく たち は勉強が できない Dvdラベル 26, 鎌倉 秋本 待ち時間 4, 爆報 Theフライデー 2時間sp 17, Sky株式会社 Cm 大野 4, 小学生 男子 告白 され たら 6, 体操 しよう よ 歌詞 4, ジュニアユース セレクション 2021 神奈川 23, Jcom オンデマンド アプリ 見れない 9, 賭博 黙示録 カイジ なんj 11, 鳥 筋肉 図 56, 小学生 男子 告白 され たら 6, 苦手な人 面接 悪口を言う人 21, 指原莉乃 矢吹奈子 君の名は希望 5, ウイイレ 金 トレード用 18, 錆義 Pixiv 生存 10, 2人 さくらんぼ 意味 4, 目黒蓮 髪型 いつから 4, マルシャル 背番号 代表 9, セブ 銃 密造 5, 私のために 誰か のために アンダーライブ 4, 嵐 にし や が れ スノーマン ストーンズ 9, 富士通 エアコン スマートリモコン 5, Ifttt 位置情報 スプレッドシート 11, ルート33 堂土貴 Exit 12, ミラブル トルネードスティック 交換 7, ヘルシオ 電源が 切れる 7, ラプチャー 意味 医療 12, Nhk アナウンサー 山本志保 6, ソニー スポーツ スポンサー 6, 橋本環奈 吉沢亮 小説 4, 勝どき ビュータワー 芸能人 10,