jリーグ ロゴ 規定 9

jリーグ ロゴ 規定 9

jリーグの速報、ニュース、日程、見所、結果、順位、ゴールランキング、選手名鑑情報を紹介します。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)のページです。 LEAGUE DIVISION 1)に移行した。, 2015年よりタイトルパートナー契約(後述)により「明治安田生命J1リーグ」(英: MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)の名称を用いている。, 毎年早春(1993年シーズンのみ5月)に開幕し、晩秋から初冬の時期までリーグ戦を行う「春秋制」を採用しており、3大タイトルの中ではJリーグカップの後、天皇杯の前にタイトルが決まる。, J1リーグ戦の開催方式は#開催方式を参照のこと。なお、2017年シーズンから1ステージ制を採用している。, リーグ開始時の1993年から1995年までの間は、Jリーグ協賛スポンサーの最上級カテゴリーに当たる「ステージスポンサー」としてサントリー株式会社と、日本信販株式会社(現・三菱UFJニコス株式会社)が就任。第1ステージ(リーグ前半戦)を「サントリーシリーズ」、第2ステージ(後半戦)を「NICOSシリーズ」と、ステージごとにタイトルスポンサーをつけて開催。年間決勝戦のチャンピオンシップ (CS) もサントリー株式会社の協賛による「サントリーチャンピオンシップ」として開催された。1996年に1シーズン制となりステージスポンサーがなくなり、2シーズン制が復活した1997年以降もステージスポンサーが復活することはなかったが、同年から2004年まで行われたCSでは、引き続きサントリーがタイトル協賛した。, 2015年より明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約(Jリーグタイトルパートナー契約)を締結し[1]、リーグ戦の名称を「明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」[注釈 1]とすることとなった[2]。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新している[3]。, 各指標はJリーグ公式サイトのクラブプロフィールの記述に基づく。Jリーグ加盟年は正会員となった年。J1在籍年には1998年以前の1ディビジョン時代を含む。, 1993-1998年のJリーグ、および1999年以降のJ1には「2ステージ制」の時期と「1ステージ制」の時期があった。, Jリーグはシーズンの開催期間を2月頃開幕・12月頃閉幕の「春秋シーズン制」を採用している。, 基本的に開催期間内の毎週末(土曜日または日曜日)に開催されるほか、ゴールデンウィーク期間中をはじめとして祝日に開催され週2試合開催となることがある。週末開催については2012年シーズン以降は原則として土曜日に開催日が集約されているが、それ以前は終盤の数節を除き、土曜日に6-7試合程度、日曜日に残りの2-3試合程度を分散開催していた。また、週の半ば(基本的に水曜日)にリーグ戦を開催することもある(Jリーグ創設当初は水曜・土曜の週2回開催が基本であった)。, 2018年から年間10節程度の予定で、DAZN協賛による「明治安田生命フライデーナイトJリーグ」と題して、金曜日のナイターを各節1~3試合行う節を設けている, AFCチャンピオンズリーグ (ACL) に参加するクラブについては、ACLの試合がおおむね火曜日または水曜日に開催されることから、試合日・移動日との間隔を考慮して当該クラブの試合を日曜日、あるいは後日の平日に延期することがある。, なお2017年のゴールデンウィークにおいては、5日間連続開催とし、5月3日にルヴァンカップ第4節を行った後、5月4日-5月7日にJ1リーグの第10節を分割開催した。このうち、AFCチャンピオンズリーグ2017に出場する4クラブは、翌週の5月9日・5月10日にグループリーグ第6節が行われるため、5月4日・5日に分けて開催[4]、残りの各チームは5月6日・7日に試合を行った。, 日本代表の強化を優先させる観点から、日本代表の出場する国際試合(FIFAワールドカップ・AFCアジアカップの本選・予選)あるいはU-23日本代表が出場する国際試合(オリンピックのサッカー競技・アジア競技大会サッカー競技)が行われる期間はリーグ戦が長期中断される。, 水曜日に開催する場合は祝日と重ならない範囲であれば原則ナイトゲームである。ただし1993年・1994年・2011年のごくわずかな試合で平日のデーゲームが行われた事例がある[5]。, チームに対する表彰は、Jリーグ表彰規定[8] に定めがある。下記は2018年の場合。, 2017年度より動画配信のDAZNと結んだ10年2100億円超の放送権料を原資に、J1上位(1〜4位)クラブに賞金とは別にJリーグ理念強化配分金が支給される事となった[9]。, これによりJ1優勝クラブは優勝賞金3億円に加え、理念強化配分金15億5000万円、ACL出場チームに対するACLサポート金2000万円、全クラブに支給される均等配分金3億5000万円の総額22億2000万円を獲得する事となる。, 年間優勝(年間王者)はJ1で年間の最終順位が1位(優勝)だったクラブのみに与えられる。J1で優勝したクラブには翌年のJリーグおよび天皇杯で使用するユニフォームの右袖に、金色のJリーグロゴマークエンブレムをつけることができる。ロゴマークの下には、2行で「yyyy(優勝した年)J LEAGUE CHAMPIONS」と表示されている。また、翌年開催されるFUJI XEROX SUPER CUPへの出場権が与えられる。, J1で年間最終順位の上位クラブに翌年のAFCチャンピオンズリーグ (ACL) の出場権が与えられる。出場枠については32クラブが本大会に参加するようになった2009年大会以降は「年間順位の上位3クラブ(上位3クラブのいずれかが天皇杯優勝クラブと重複する場合は上位4クラブ)」に出場権が与えられているが、本戦出場枠の見直しが行われた2015年大会以降は、「上位2クラブがグループリーグ(本戦)出場、3位(上位3クラブのいずれかが天皇杯優勝クラブと重複する場合は4位)のクラブがプレーオフ出場」となっている。, 1993-2000年までの年間優勝には、AFCチャンピオンズリーグの前身であるAFCアジアクラブ選手権の出場権が特典として与えられていた。ただ、Jリーグが発足する前年の1992年は、Jリーグカップの優勝クラブ(ヴェルディ川崎)が国内リーグの優勝クラブ扱いでこの大会に出場した。, このほか、FIFAクラブワールドカップが日本で開催される場合、その年度の優勝クラブは「開催国出場枠」で出場する権利が与えられる(2007年以降)。ただし、ACLにおいて日本のクラブが優勝した場合はACL優勝クラブの出場が優先され(ACL準優勝クラブが「開催国枠」の代替で出場する)、Jリーグ優勝クラブはACLとの2冠でない限り出場できない[11]。, シーズン中において、以下の表彰に該当する成績を収めたチームや個人にはシーズンの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。, 5月4日が浦和vs鹿島戦、5月5日はこの節のルヴァンカップの試合がなかったクラブを含めた川崎Fvs新潟とG大阪vs清水を開催。, 1993年はテレビ中継の都合による。1994年は開催スタジアムに照明設備がないため。2011年は, 2007・2008年の鹿島がこれに該当する(ACLで2007年は浦和、2008年はG大阪が優勝)。, http://www.j-league.or.jp/release/000/00006256.html, http://www.j-league.or.jp/release/000/00006257.html, “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~”, https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf, “明治安田生命J1リーグチャンピオンに授与される 明治安田生命杯「球軌道」が完成”, http://www.jleague.jp/release/post-40552/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=J1リーグ&oldid=80412315, 2005-2014年は2回戦総当たりの通年制へと移行。この間チャンピオンシップは行われていない。, 1993-1995年は2回戦総当たりの2ステージ(年間4回戦総当たり)とし、同一チームが完全優勝(両ステージ優勝)をした場合、各ステージの2位同士でプレーオフを開催し、その勝者と両ステージを制したチームがチャンピオンシップに出場できる方式としていた(実際には行われず)。, 1997-2004年は1回戦総当たりの2ステージ(年間2回戦総当たり)とし、同一チームが完全優勝をした場合はJリーグチャンピオンシップを行わないことになった。, 2015年-2016年は再び1回戦総当たりの2ステージ(年間2回戦総当たり)とし、チャンピオンシップはステージ優勝チームと年間勝ち点上位のチームで争うトーナメント方式で行われた。, 原則として、下位2チーム(17-18位)が自動的に降格し、翌年はJ2所属となる。また16位のチームは, 4回総当たりの場合は2回ぶんずつで前期・後期を分け、2回総当たりの場合は1回ぶんずつで前期・後期を分ける。, 1993-1995年、1997-2004年、2015年-2016年は2ステージ制、1996年と2005年-2014年及び2017年以降は1ステージ制で開催されている。, 2ステージ制で完全優勝(同一年での両ステージ優勝)を達成したのは、2002年の磐田と2003年の横浜FMの2クラブ。, J1とJ2両カテゴリーで優勝を経験しているのは、柏、広島、G大阪、川崎の4クラブ。なお、柏(2011年)とG大阪(2014年)はJ1昇格後1年目での優勝である。, 連覇を達成したことがあるクラブはV川崎、鹿島、横浜FM、広島、川崎の5クラブ。また、鹿島は唯一の3連覇、複数回の連覇を達成したチームでもある。, J2からJ1に初昇格して以降、1度もJ2に降格経験のないクラブは、鳥栖の1クラブである。.

キ ソンヨン 海外の反応 9, ツイン ソウル ソウルメイト 25, 日 向坂 46 ラグーナ セトリ 4, ネプリーグ 動画 8月12日 32, 宝塚 82期 成績 21, Ingoshima Chapter 73 13, 臨床検査センター 会社 別 ランキング 15, 三菱重工 赤字 原因 33, トヨタ 東京本社 部署 8, 金魚 巨大化 方法 32, In 塩分プラス 食べ過ぎ 37, 鬼龍院花子の生涯 あらすじ ネタバレ 4, 長崎 転職 2ch 5, ドラクエ10 闇耐性 盾 58, こん J民 元 スレ 49, 走れメロス 感想文 600字 41, デリカ スペースギア 維持費 4, 内部監査 チェックリスト 営業 47, チワワ 里親 埼玉 4, サザエさん 堀川くん 名前 5, 日本直販 マスク 口コミ 18, Tobii Eye Tracker 4c 中古 16, わたしの幸せな結婚 小説 なろう 20, 好きな人 退職 連絡先知らない 28, 下関 天気 Gw 4, 柏市 交通事故 ツイッター 7, ムービングファスト ツーシーム パワプロ 14, 流れ星 瀧上 嫌われてる 13, 桜田 通 ファンレター 4, 交通費 実費 英語 9, Bg 身辺警護人 4話 12, 白十字 パン カロリー 6, イーサン 英語 動画 13, 中村倫也 キス 美食探偵 4, 埼玉高速鉄道 延伸 いつ 13, グリセリン ジグリセリン 違い 21, ボクシング スパーリング 酒 7, 岸優太 出身 川越 29, ハカセがっ 休載 理由 36, 完全在宅 事務 正社員 32, ヤマダ電機 ゲーム 在庫 21, ぼく ら の勇気 未満都市2話 5, 桜田 通 ファンレター 4, 手話 サインネーム 一覧 17, Bmw E87 トラブル 6, さだまさし ほおずき 歌詞 10,